予算教書の概要(2018会計年度)

2017年5月23日に上下両院に提出(税財政の立案・決定権は議会にある)。

 

今後10年間で、低所得者向け給付を中心に歳出を約3.6兆ドル(約400兆円)削減
  • 低所得者向け医療保険などの給付を6160億ドル削減
  • 生活保護2720億ドル削減
  • オバマケアの見直しや政府機関の再編などを進める

※今後10年間で、低所得関連1.7兆ドル削減、その他1.9兆ドル削減で、計3.6兆ドル削減としています。

経済成長率を3%(2021年度)に
  • 個人所得税や法人税率の引下げ等で経済成長率を3%(2021年度)に
  • 個人所得税の税率を10%、25%、35%に簡素化
  • 連邦法人税率を35%→15%
  • 中小企業の税率 15%を適用
国防
  • メキシコ国境の壁に16億ドル
  • 国防費540億ドルの増額( 前年度比10%増)
財政黒字
  • 財政収支を10年間で黒字転換(経済成長による2兆ドルの歳入増が根拠)

 

※今後10年間で歳出の3.6兆ドル削減と、歳入の2兆ドル増で、5.6兆ドルの赤字削減としています。



 

関連記事


 

 

当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。