トランプ大統領で日本は円高になる?円安になる?

2016年11月10日

トランプ氏は、「低金利ドル安」論者です。米国は利上げしにくくなる可能性が高いので、普通に考えればドル円は円高かなぁと見れます。トランプショックで一旦円高に振れる可能性も高いと思います。

ただ、長期的に見れば、はたしてそうかなぁ?と筆者は考えています。トランプ氏は金融規制には緩和的ですがグラス・スティーガル法は支持していますし、インフラ投資に前向き拡大も示唆、レパトリ減税もするって発言してましたので、これらは円安要因です。
また、そもそもですが「反自由貿易・反グローバリズム」は、おそらく円安要因です。グローバリズムは、世界の壁を取り払おうよ!って流れでしたが、反グローバリズムは壁を設けるぜ!自由貿易は嫌だ!って流れになるわけです。トランプ氏はTPPも反対してますので、「壁」が出来ることによって、相対的に物が入ってきにくくなります。これによって、デフレ脱却が進む可能性がありますし、デフレ脱却ってことはインフレが進むってことですから円安要因。これが良い円安か悪い円安かって話はあるかもしれませんけど・・・。

※変更等などあれば「ブログ」で随時更新内容を書きます。

 

関連記事

 



当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。