日米外相会談の内容(2017.2.10)

2017年2月11日

地域情勢
  • 北朝鮮の核・ミサイル問題、東シナ海、南シナ海など東アジアの安全保障環境は厳しい認識で一致。
  • 日米同盟の重要性確認、日米協力の強化で一致。
尖閣諸島
  • 沖縄県・尖閣諸島が米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象と表明(ティラーソン国務長官)
在日米軍
  • 米軍普天間基地移設問題で、名護市辺野古への移設が唯一の解決策と確認。
経済関係
  • TPPの経済的・戦略的意義を強調(岸田外相)。



当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。