ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

トレンドラインを窓(ギャップ)で抜いてきたがだましだった場合の損切りポイント|charTrade(トレード手法)

スポンサーリンク

基礎

窓(ギャップ)とは、チャート上で隣り合うローソク足とローソク足が上下に放れた空白部分のことです。その日の安値が前日の高値より高い、もしくはその日の高値が前日の安値より低い状態にあることをいいます。
上図で見ると、1番左のローソク足と2番目のローソク足の間に空白部分があります。これが「窓」です。その窓を3番目以降のローソク足が埋めようとしています。これを「窓埋め」と言います。

スポンサーリンク

窓(ギャップ)の意味

窓は、その金融商品や外部環境に何か材料が出た場合に現れやすいです。好材料が出た場合は価格は上に窓を作りますし、悪材料が出た場合は下に窓を作ります。要するに、窓ができるということは価格が急激な変化を起こしているということを意味します。

窓(ギャップ)の種類

窓(ギャップ)には、それが現れる位置によって様々な種類があります。窓(ギャップ)は頻繁にチャート上に現れるので、以下のリンク先の解説文を読んで是非理解を深めてください。

トレンドラインを窓(ギャップ)で抜いてきたが「だまし」だった場合の損切りポイント

窓(ギャップ)は空いた方向にトレンドが続く兆候を示すため、トレンドラインを窓(ギャップ)で抜いてきた場合は仕掛けるタイミングとなりますが(「トレンドラインを窓(ギャップ)で抜いてきた場合の仕掛けのタイミング」参照)、当然「だまし」となることがあります。窓(ギャップ)で抜いてきたものの、再度トレンドラインに価格が戻ってくる展開となれば、テクニカル分析上「だまし」となりますので、charTradeでは、サポートラインを窓(ギャップ)で抜いてきた場合に売りで仕掛けたのであればサポートラインを抜けた所、レジスタンスラインを窓(ギャップ)で抜いてきた場合に買いで仕掛けたのであれば、レジスタンスラインを抜けた所を損切りポイントとしています。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました