トレンドラインの引き方(基礎編)。どのトレンドラインが重要?選択の仕方|charTrade(基礎編)

トレンドラインとは

トレンドラインとは、価格の推移を明確にするためにチャート上に引く補助線のことです。現在の価格のトレンドが上昇傾向にあるのか下落傾向にあるのか、それとも横ばいの傾向にあるのかを見極める際に使用される線です。トレンドラインは主に「サポートライン」と「レジスタンスライン」の2種類があります。

  • サポートラインとは、「下値抵抗線」と呼ばれる補助線のことで、価格の安値と安値を結んだ線のことです。
  • レジスタンスラインとは、「上値抵抗線」と呼ばれる補助線のことで、価格の高値と高値を結んだ線のことです。

実際のチャート上には以下のようにして描きます。

サポートラインは重要な安値と安値を、レジスタンスラインは重要な高値と高値を結んで引きます。言い方を変えれば、相場が反転した所を結んで引く線です。すなわち、売りと買いの勢力が逆転した水準を結んで引くものです。2つは必ず必要で、そのトレンドラインが重要であればあるほど結ばれるべき数も増えます。ゆえに、それは主観的なものとなります。ただ、客観的に定めることも可能で、直近の安値(高値)と、それ以前の安値(高値)で引くと、新しく安値(高値)が更新される度に引き直されることになります。この手法は過去の価格よりも最近の価格が重要視されるものです。トレンドラインは、安値(高値)を定義するNの値、すなわち、その前後の日数に大きく影響されます。Nの値を大きく設定すればトレンドラインの数が減り、トレンドラインはより重要なものとなります。

内部トレンドライン

前述のトレンドラインの引き方は従来の一般的な引き方です。こういった従来のトレンドラインの引き方は、極端な安値(高値)を含めて引くことになります。しかし、極端な値は感情的な価格であり、主要なトレンドを表してはいないと論議されることがあります。
そこで、極端な価格は含めない引き方もあります。これを「内部トレンドライン」といいます。内部トレンドラインは、実際のトレードで利益を得るには役立つとされています。ただし、引き方が恣意的になってしまったり、その有効性を理論的に証明するのは困難であるため、従来型の方が安値(高値)を必ず捉えることができて引き方としては一般的です。

どのトレンドラインが重要?選択の仕方

多くのトレンドラインが考えられる時は、最も外側にあるトレンドラインもしくは最も傾斜の緩やかなトレンドラインを重視するのが一般的です。図は実線の矢印と点線の矢印で2本のサポートラインを示していますが、図の場合、最も外側にあって、傾斜の緩やかな実線のサポートラインを重視するのが一般的です。トレンドとは「長期的な時系列データで調査・分析し、連続的で一様な傾向変動のこと」ですので、短期的な安値と安値、高値と高値を結んだトレンドラインは短期的であれば短期的であるほどトレンドの意味は弱く、長期的であれば長期的であるほどトレンドの意味は強くなります。ゆえに、最も外側にあるトレンドライン、もしくは最も傾斜の緩やかなトレンドラインを重視するようにします。

また、charTradeでは、トレンドラインを引く場合は、3つ以上の安値、もしくは高値を結ぶことを推奨しており、日足の場合、期間も3カ月程度のトレンドラインでなければ、極端に信頼度は低くなるとしています。

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] トレンドラインの引き方(基礎編)。どのトレンドラインが重要?選択の仕方|charTrade(基礎編)