charTrade(チャートレード)とは

 

 

[動画で解説] charTradeチャートレード)とは

 

 

 

charTrade(チャートレード)とは

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見て、トレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。

  • チャート・・・過去の価格の値動きをグラフ化したもの
  • トレード・・・売買取引

 

こんな方におすすめ!

  • 投資初心者の方
  • チャートが見れるようになりたい方
  • テクニカル分析を学習したい方、学習したけど上手く使えていない方
  • システマティックなトレードができるようになりたい方
  • 自分のトレード手法がなく、明確なトレード手法が欲しい方
  • だまし」を見極められるようになりたい、または活用したい方

 

こんなことができるようになる

  • charTradeを学習すれば、チャートの見方がわかるようになり、チャートに現れる「だまし」を見極め、活用できるようになります。
  • charTradeは、テクニカル分析やリスク管理の仕方、トレードの計画の立て方など、トレードに必要な知識と手法を基礎から詳しく解説していますので、初心者の方はもちろん、投資経験が豊富な方もトレードの幅を増やすことができ、価格の値動きに合わせた明確なトレードができるようになります。
  • charTradeは、「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基にしていますので、無秩序なトレードによる損失拡大を防ぎ、トレンドに乗って利益拡大を目指すことができるようになります。

 

charTrade(チャートレード)の特徴

  • charTradeは、「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基にしたトレード手法ですので、テクニカル分析が通用しやすい流動性が高い金融商品”を投資対象としています。

”流動性が高い金融商品”とは、取引の制限がほとんどなく、市場参加者の信頼性が高く取引量が多い、いつでも売ったり買ったりできる金融商品のことです。為替であれば、ユーロ/ドルやドル/円など、取引量が多く売買が活発なものがそれにあたり、株であれば、株価指数大型株がそれにあたります。ただし、株の場合は根本的に市場規模が小さくリスク資産であるため、万が一の場合は極端に流動性がなくなる点は注意しておく必要があります。

 

  • charTradeが基にしている「テクニカル分析」は、恣意的な考え方を反映していないため、テクニカル分析だけを一から詳しく学習したい方にとっても、価値ある学習ができるように作成しています。
  • charTradeを使った実際のトレードは、日々、当サイトのブログで紹介しています。charTradeは、筆者が行っているトレード手法ですので、実際のトレードを参考にしながら学習していくことができます。

 

charTrade(チャートレード)の欠点

  • charTradeは、「テクニカル分析」を基にしているため、テクニカル分析が通用しにくい”流動性が低い金融商品”は投資対象としていません。

”流動性が低い金融商品”とは、市場参加者の信頼性が低く取引量が少ない、いつでも売ったり買ったりしにくい金融商品のことです。例えば、新興市場や新興銘柄などがそれにあたります。また、株の場合は、市場規模が小さくリスク資産であるため、万が一の場合は大型株でも極端に流動性がなくなるので注意が必要です。

 

  • 加えて、相場にはテクニカル分析が通用しやすい相場と、通用しにくい相場があります。テクニカル分析が通用しにくい相場でcharTradeを使っても役に立ちませんので、まずは相場を見極める必要があります。charTradeを一通り学習し、相場が見極められるようになってからcharTradeを使う必要があります。

 

charTrade(チャートレード)の学習の仕方

charTradeは、下記の「charTrade(チャートレード)メニュー」で、トレードにおけるリスク管理の仕方やトレードの計画の立て方、さらにトレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントなどを項目別に詳しく解説しています。

初心者の方は上の項目から順に、テクニカル分析やリスク管理に十分自信がある方は、知りたい項目のページを参照してください。

さぁはじめよう!charTrade!

 



 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

  • 強制的に利益確定すべき時とは
値幅測定
  • 値幅測定による利益確定ポイント
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

※必ずお読みください

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

また、当サイトは、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」「株式投資大百科」「株式マーケットデータ」の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの解説記事をリンクを貼って活用しますので、わからない用語などがあればリンク先を参照してください。