ローソク足を使った仕掛けのタイミング|charTrade(トレード手法)

2017年6月10日

基礎

[長大線とは]
長大線とは、大陽線大陰線のことです。

チャート上に長大線が出た場合は、長大線の方向に一旦乗るのが基本です。例えば、大陽線が出た場合は買い、大陰線が出た場合は売りとなります。長大線が以前につけていた窓(ギャップ)を埋めるなどすればより確率が高まりますので、注意して見ておきたいです。ただし、相場によっては長大線がだましになる場合がありますので、損切りラインは長大線の安値or高値でストップロスを入れておくのが基本です。例えば、大陽線が出て買いを入れた場合、大陽線の安値にストップロスを入れます。大陽線の安値を割るような相場となれば、その大陽線が否定されたことを示し、その大陽線がだましであったことを示しますので、買いを入れた前提が崩れますので、大陽線の安値で損切りするのが基本です。大陰線の場合はこの逆となります(大陰線の高値でストップロスを入れる)。

長大線がトレンドと逆方向に出た場合は、相場反転のシグナルとして捉えるのが一般的ですので、この場合も一旦乗るのが基本です。例えば、下降トレンドの終盤あたりで大陽線が出た場合は一旦買いで乗る。損切りラインは上記と同様で、大陽線の安値でストップロスを入れるのが基本です。上昇トレンドの終盤あたりで大陰線が出た場合は、この逆となります。

一方、長大線がだましになった場合、だましとなった方向に一旦乗るのが基本です。「だまし」は悪いように言われることもありますが、むしろ明確なシグナルとして捉えることができ、charTradeでは「だまし」も活用します。例えば、大陽線が出た後に価格が下がって大陽線の安値を終値で割ってきた場合などは、一旦売り向かうのが基本となります。

日足と週足を見る

日足と週足が同じトレンドを示している場合、相場はかなり強いと見れます。ビッグトレンドになる可能性が高まりますので、その場合、日足と週足が示すトレンドに乗るのが一般的です。例えば、日足が上昇トレンドを示し、週足も上昇トレンドを示しているのであれば買いでついていくのが基本です。両方とも下降トレンドを示していれば売りでついていくのが基本です。上昇トレンドと下降トレンドの見分け方は、「上昇トレンドと下降トレンドの見分け方」を参照してください。

また、超短期的な視点で言うなら、日足で前日の安値を割らずに上昇するような相場は強いと言えますので、すぐに手仕舞う超短期のトレードを仕掛けるタイミングとなります。下降している相場の場合はこの逆で、日足で前日の高値を抜けずに下降するような相場は弱いと言えますので、すぐに手仕舞う超短期のトレードを仕掛けるタイミングとなります。

※charTradeは、実際にトレードを仕掛ける場合の条件を設けています。「トレードを仕掛ける際の条件」を参照してください。



関連記事