上昇トレンドと下降トレンドの見分け方|charTrade(トレード手法)

charTrade(チャートレード)とは

 

定義

charTradeによるトレード手法を紹介する前に、トレンドの見分け方について解説します。charTradeは、小動きの時は動かず、方向が出た時に徹底したリスク管理(「リスク管理の仕方」参照)を行いながらトレンドについていくトレードを基本としています。ゆえに、実際のチャートを見てトレンドが出ているのかどうかを見分けられなければなりません。トレンドを見分ける方法は様々ありますが、ここでは、基本中の基本である上昇トレンド下降トレンドの定義について紹介します。

 

上昇トレンドとは

上昇トレンドの一般的な定義として、価格がジグザグに動きながら高値を更新していく一方で、一時的に下落した場合でも、その前に下落した時に形成した安値を割らずに進んでいくことをいいます。この状態を維持している間は、本質的に上昇トレンドは変わらないと考えることができます。すなわち、前に形成されている安値を割らずに推移している間は上昇トレンドが継続していると見るのが一般的です。ただし、この状態が崩された場合には、上昇トレンドの終わりが警告されたことになります。

前の安値を突破されると下降への前兆と考えられます。高値更新と安値を下抜けない連続で形成された波の中断は長期トレンドの反転が起こる可能性を示唆していますが、それが完全に確定したということではありません。

上昇トレンドは、トレンドラインで定義されることが多いです。上昇トレンドラインは、上昇トレンドを形成する波の安値と安値を結んだラインです(「サポートライン」とも呼ばれる)。トレンドラインは何年にもわたることがあります。トレンドラインに平行な線の間で価格が反転しやすく、それが繰り返されやすい傾向があります。このトレンドを包み込むトレンドラインをトレンドチャネル(または「レジスタンスライン」)といいます。

 

上昇トレンドライン(サポートライン)と、トレンドチャネル(レジスタンスライン)には、以下の法則があります。

  • 価格が下降して上昇トレンドライン(サポートライン)に接近してきたときは上昇の方向にポジションを取るいい機会となる。
  • 上昇トレンドライン(サポートライン)を価格が下抜けた場合は、売りシグナルとなる。
    一般的に、トレンドラインを突き抜けを確認するには、価格がトレンドラインを超えて、比率で定められた最低限の値動きをするか、終値がトレンドラインを最低限必要な数だけ下抜けて引けていなけらばならない。
  • トレンドチャネル(レジスタンスライン)は、短期の投資家の利益確定のポイントであることを示している。

ただし、上昇トレンドライン(サポートライン)と、トレンドチャネル(レジスタンスライン)は、多くの投資家が重要視しているため、この法則を過大評価していることが多いです。そのため、トレンドが長引いた時はトレンドラインを引き直すなどの対応が必要です。例えば、トレンドラインを突破したにも関わらず反転(下降トレンド入り)しなかった場合などはトレンドラインを引き直す必要があります。トレンドが長引けば、幾度となく上昇トレンドライン(サポートライン)を突破されることはあります(だましも多いということ)。トレンドラインは、事後的に描くとそれらしく見えますが、それまで使っていた上昇トレンドライン(サポートライン)を突破した時はだましが多くなる点も注意が必要です。

 

 

下降トレンドとは

下降トレンドの一般的な定義として、価格がジグザグに動きながら安値を更新していく一方で、一時的に上昇した場合でも、その前に上昇した時に形成した高値を上抜けずに進んでいくことをいいます。 この状態を維持している間は、本質的に下降トレンドは変わらないと考えることができます。すなわち、前に形成されている高値を上抜けずに推移している間は下降トレンドが継続していると見るのが一般的です。ただし、この状態が崩された場合には、下降トレンドの終わりが警告されたことになります。

前の高値を突破されると上昇への前兆と考えられます。安値更新と高値を上抜けない連続で形成された波の中断は長期トレンドの反転が起こる可能性を示唆していますが、それが完全に確定したということではありません。

下降トレンドは、トレンドラインで定義されることが多いです。下降トレンドラインは、下降トレンドを形成する波の高値と高値を結んだラインです(「サポートライン」とも呼ばれる)。トレンドラインは何年にもわたることがあります。トレンドラインに平行な線の間で価格が反転しやすく、それが繰り返されやすい傾向があります。このトレンドを包み込むトレンドラインをトレンドチャネル(または「レジスタンスライン」)といいます。

 

下降トレンドライン(サポートライン)と、トレンドチャネル(レジスタンスライン)には、以下の法則があります。

  • 価格が下降して下降トレンドライン(サポートライン)に接近してきたときは下降の方向にポジションを取るいい機会となる。
  • 下降トレンドライン(サポートライン)を価格が上抜けた場合は、買いシグナルとなる。
    一般的に、トレンドラインを突き抜けを確認するには、価格がトレンドラインを超えて、比率で定められた最低限の値動きをするか、終値がトレンドラインを最低限必要な数だけ上抜けて引けていなけらばならない。
  • トレンドチャネル(レジスタンスライン)は、短期の投資家の利益確定のポイントであることを示している。

ただし、下降トレンドライン(サポートライン)と、トレンドチャネル(レジスタンスライン)は、多くの投資家が重要視しているため、この法則を過大評価していることが多いです。そのため、トレンドが長引いた時はトレンドラインを引き直すなどの対応が必要です。例えば、トレンドラインを突破したにも関わらず反転(上昇トレンド入り)しなかった場合などはトレンドラインを引き直す必要があります。トレンドが長引けば、幾度となく下降トレンドライン(サポートライン)を突破されることはあります(だましも多いということ)。トレンドラインは、事後的に描くとそれらしく見えますが、それまで使っていた下降トレンドライン(サポートライン)を突破した時はだましが多くなる点も注意が必要です。

 

トレンド分析

charTradeでは、様々なテクニカル分析やテクニカル指標を使ったトレンド分析の方法を「charTrade(チャートレード)メニュー」の当該ページでそれぞれについて解説しています。是非参考してください。

 



 

 

 

 

 



 

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎をしっかりおさえておこう!

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?

 

 

※必ずお読みください

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

また、当サイトは、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」「株式投資大百科」「株式マーケットデータ」「初心者のため仮想通貨専門サイト」の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの解説記事をリンクを貼って活用しますので、わからない用語などがあればリンク先を参照してください。