ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

トレードを仕掛ける際の条件|charTrade(トレード手法)

スポンサーリンク

条件

charTradeでは、実際にトレードを仕掛ける際の条件を設けています。

スポンサーリンク

トレードを仕掛ける際の条件①

1つ目は、下記の「charTrade(チャートレード)トップ・メニュー」にある「仕掛けのタイミング編」の欄において、仕掛ける理由が2つ以上ある場合を条件としています。例えば、揉み合い相場をブレイクアウトし、ボリンジャーバンドがトレンド発生を示唆した場合、というふうにトレードを仕掛ける理由が2つ以上ある場合を条件としています。これは、仕掛ける理由が2つ以上あれば成功する確率が高まりやすいためです。

トレードを仕掛ける際の条件②

2つ目は、この位置にはもう戻らないだろうと判断できる位置から仕掛けなければならないことを条件としています。charTradeは、短期のトレードにおいても通用しやすいトレード手法ですので、この条件に合致する場合というのは判断が難しくなりますが、例えば、高値圏で推移していた価格がスパイクハイをつけて下落した場合など、この位置にはもう戻らないだろうと想定できる位置から仕掛けることを条件としています。

トレードを仕掛ける際の条件③

3つ目は、「トレードの心得・考え方」「リスク管理の仕方」「トレードの計画の立て方」のページの内容に準じたトレードを行うことを条件としています。

これらの条件を踏まえて、次ページから実際にトレードを仕掛けるタイミングについて、一つずつ紹介していきます。

タイトルとURLをコピーしました