ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

最後の抱き線(包み線)で手仕舞い(利益確定・損切り)|charTrade(トレード手法)

スポンサーリンク

基礎

抱き線(包み線)とは、1つ目のローソク足を2つ目のローソク足が全て包み込んでいるパターンのものです。図の左を「抱き陽線(包み陽線)」といい、図の右を「抱き陰線(包み陰線)」といいます。下落過程で抱き陽線が出れば上昇に転じやすくなり、上昇過程で抱き陰線が出れば下落に転じやすくなるとされています。

スポンサーリンク

最後の抱き線とは

最後の抱き線とは、上昇過程において抱き陽線が出る、または下落過程で抱き陰線が出る場合のことをいいます。上昇過程において抱き陽線が出ればまだまだ買いが優勢とも取れるチャートの形ですが、これは、通常の抱き線(包み線)より強力な相場転換のシグナルとされています。翌日が大陽線よりも下で寄り付くようなら、強力な売りシグナルとして捉えられるのが一般的です。また、翌日に大陽線よりも上で寄り付いた場合でもかぶせ線陰線で終わるようなら、これも売り優勢と考えられる形ですので、手仕舞うのが基本です。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました