ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

価格が移動平均線を割った場合の仕掛けのタイミング|charTrade(トレード手法)

スポンサーリンク

基礎

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値を線グラフで表した線で、設定した期間の終値を合計して、その合計を期間で割って平均値を算出し描かれる線です。始値や安値、高値の平均を基にすることもできますが、終値で算出するのが一般的です。トレンドがハッキリしている相場では移動平均は効果的にトレンドを識別する手段となります。ただし、ボックス相場や保ち合い相場ではだましが多くなるのが難点です。その他、移動平均線の特徴は「移動平均線の基礎知識」を参照してください。

例)25日移動平均線の場合
25日移動平均線は、過去25日分の価格の終値を合計して、その合計を25(期間)で割って算出したもので25日間の価格の平均値を表しています。

スポンサーリンク

トレンドと移動平均線の見方

長短の移動平均線が収束していたらトレンドがないことを示しています。この場合、方向性がありませんので、移動平均線近辺での売買はしないようにしたいです。上昇か下落か勝負がついていない状態ですので、方向性が出てからついていくのが基本です。トレンドが発生している場合に、価格が移動平均線に戻る展開となれば、トレンドの反動が終わりに近づいていることも示します。

価格が移動平均線を割った

  • 一方、長短の移動平均線の全てを陰線で割っている状態というのは売りの勢いが強いので、一旦売りを入れておくタイミングとなりやすいです。
  • 価格が移動平均線を割った後、上昇して前の高値を上抜く上昇にならなければ、その後大きく下がりやすくなるので注意が必要です。
  • 超長期線、例えば200日移動平均線などの場合、価格が超長期線を抜けたとしても、しばらくはトレンドが出にくい傾向があります。この場合も方向性が定まっておらずどちらに振れるかわからない状態ですので売買は手控えが賢明です。
  • 長短の移動平均線の全てを陰線で割っている状態というのは売りの勢いが強いので、一旦売りを入れておくタイミングとなりやすいです。
  • 価格が 移動平均線を割って戻せなくなってくると、別の要因で売られやすくなる展開となりやすいです。例えば株の場合、価格が 移動平均線を割って戻せなくなってくると業績が良くても売られやすい展開になりやすいので注意が必要です。

※charTradeは、実際にトレードを仕掛ける場合の条件を設けています。「トレードを仕掛ける際の条件」を参照してください。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました