5日移動平均線を使った仕掛けのタイミング|charTrade(トレード手法)

2017年7月3日

基礎

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値を線グラフで表した線で、設定した期間の終値を合計して、その合計を期間で割って平均値を算出し描かれる線です。始値や安値、高値の平均を基にすることもできますが、終値で算出するのが一般的です。トレンドがハッキリしている相場では移動平均は効果的にトレンドを識別する手段となります。ただし、ボックス相場や保ち合い相場ではだましが多くなるのが難点です。その他、移動平均線の特徴は「移動平均線の基礎知識」を参照してください。

例)5日移動平均線の場合
5日移動平均線は、過去5日分の価格の終値を合計して、その合計を5(期間)で割って算出したもので5日間の価格の平均値を表しています。

5日移動平均線を使った仕掛けのタイミング

5日移動平均線は、短期の売買シグナルを示す指標として使いやすい傾向があります。5日移動平均線を使ったトレード手法と見方は以下の通りです。

  • 5日移動平均線が下向きから転換して上向きで終わると相場の短期的な転換を示します。
  • 価格が5日移動平均線を陽線実体の半分以上)で抜いてきたときは一旦上がる可能性が高いので買いシグナルとなります。ただ、すぐに陰線が出たら上がらない可能性が高くなるのですぐ手仕舞いとするのが基本です。買った後に上昇すれば、おそらく上に下向きの25日移動平均線75日移動平均線があるので、その近辺で手仕舞うのが基本となります。
  • 価格が5日移動平均線の上で推移しているうちは買い持ちしておくのが基本です。価格が5日移動平均線を下抜けたり、5日移動平均線が下向きに転換した場合は手仕舞いのポイントとなります。5日移動平均線が横ばいになって陰線が多く発生してきた場合も手仕舞いのポイントとなります。
  • 価格が5日移動平均線の上で推移していても、上ヒゲで陰線が出れば下げを示唆する形ですので注意が必要です。
  • 一方、5日移動平均線の下にローソク足がある限りは上がりにくいです。
  • 相場が過熱している場合、短期的に価格と5日移動平均線の乖離率が大きくなることがあります。その場合、一旦相場が反発しやすいです。

※charTradeは、実際にトレードを仕掛ける場合の条件を設けています。「トレードを仕掛ける際の条件」を参照してください。