トレールを使った損切りポイントの引き上げと設定方法|charTrade(トレード手法)

charTrade(チャートレード)とは

 

基礎

トレールとは、「トレーリングストップ」、「トレールストップ」とも呼ばれる、ストップロスのために逆指値注文を置いておくだけでなく、相場が有利に動いた場合には、その分だけ逆指値価格を自動で動かす注文方法のことです。逆指値注文をより効率的に使うための注文方法です。

例えば、現在買いポジションがある場合は、相場の上昇に合わせて逆指値注文の価格を切り上げ、売りポジションがある場合は、相場の下落に合わせて逆指値注文の価格を切り下げてくれるのがトレール注文です。

トレール注文では、注文時にトレール幅を指定します。この幅が現在の相場の価格と逆指値注文の価格の差となります。これによって、損失は限定的になるとともに損失の最小化、さらに利益の最大化をはかれます。

具体的には、ある銘柄を株価1000円で買っていて「トレール幅を100円」に設定したとします。株価が上昇していれば、逆指値注文の価格が自動で切り上げて修正されながら追尾します。株価が1200円になったとしたら、逆指値注文の価格は1100円に切り上がることになります。そこでもし、株価が1100円に急落したとしたら、そこで自動的に売りの注文が発注されます。

上記の例のように、相場に合わせて最高価格(売りの場合は最低価格)を自動的に追尾して、その最高価格(最低価格)から指定したトレール幅でロスカットを執行するので、トレンドに上手く乗れた場合は利益の最大化を狙うことができます。

 

charTradeにおけるトレールの捉え方

トレールは、損失を限定するだけでなく、利益を守るためにも使います。ただし、トレール幅を重要なレベルより上げてしまうと、いいトレンドに乗ったポジションを早く手仕舞う結果にもつながってしまうため注意を要します。
基本的には、charTradeでは、価格が高値を更新する度に関連するポイントを見直してトレール幅を決定すべきと考えていますが、トレールは金額や比率で設定するのも過度なリスクを回避するにはいい方法と考えています。どれだけの利益を確保したい、リスクはこの水準で留めたいといった観点で設定するのもいいと考えています。ただ、テクニカル分析的な理由がない所でストップロスが働いてしまったり、トレールは最高値・最安値で利益確定する、といったことはできないので注意が必要です。
charTradeでは、「charTrade(チャートレード)メニュー」の項目によっては、「この場合はトレールに切り替えた方がいい」といった具合に、適宜トレールを推奨している項目がありますので、参考にしていただければと思います。

 



 

関連記事

 

 

 

 

 

 



 

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

※必ずお読みください

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

また、当サイトは、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」「株式投資大百科」「株式マーケットデータ」の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの解説記事をリンクを貼って活用しますので、わからない用語などがあればリンク先を参照してください。