相場反転の基本的な見極め方|charTrade(トレード手法)

2018年3月31日

基礎

相場反転の見極め方は、「charTrade(チャートレード)トップ・メニュー」でパターンごとに適宜紹介していますが、当ページでは一般的な相場反転の見極め方について紹介します。

フェアリー

高値が切り上がらなくなり、安値が切り下がらなくなれば相場が反転しやすくなります。これらの現象が起こって直近の移動平均線トレンドラインを価格が抜けるなどすれば相場反転の可能性がより高まります。

フィボナッチで相場反転のメドを見つける

フィボナッチ・リトレースメント(見方と使い方)」参照。

値幅

値幅を伴って上昇・下落した場合は相場が反転しやすいです。トレンド転換しやすいので、その場合は反発を確認してからトレンドに乗ることをcharTradeでは基本としています。

値幅測定でメドを見つける

値幅測定による利益確定ポイント」参照。

売買高

「売買高で判断する利益確定ポイント」参照(記事作成中です。しばらくお待ちください)。

根拠なき熱狂

相場の最後というのは、根拠のない熱狂によって相場が猛烈に走りやすくなります。例えば、上昇の最後というのは、割高感を無視してバブルが起こって上昇が走った後に暴落がきます。

ボリンジャーバンドで相場反転を見る

ボリンジャーバンドでトレンドを見る方法」参照。

オシレーター系の逆行現象

オシレータ系の逆行現象で見る利益確定ポイントと注意点」参照。

最後の抱き線

最後の抱き線(包み線)で手仕舞い(利益確定・損切り)」参照。

銀行株を見る

相場の最後は銀行株が動き出すというアノマリーがあります。ただ、必ずそうなるというものではなく、精度は比較的低いので、参考程度に意識しておいてもいいかと思います。