RSI(1から学ぶテクニカル指標)

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

 

動画で解説ーYouTubeー

 

 

RSIとは(見方と使い方・設定(パラメーター)・テクニカル指標)(姉妹サイト「株式投資大百科」より)

 

 

チェックポイント!

オシレーター系指標の代表格「RSI」の解説です。
RSIは、人気が高く多用されてるテクニカル指標で、モメンタムROCなどと違って、上限・下限がある指標で、買われ過ぎ・売られ過ぎが判断しやすく、わかりやすいのが特徴です。人気が高く多用されているということは、同じ判断をする人が多いということですので、トレードの判断材料の一つとして、RSIを見ないという選択肢はないと思います。ゆえに、ここでしっかり押さえておいてください。RSIは、計算期間の設定をイジる使い方より、値動きの反転ポイントを掴んで使用した方がいいです。

RSIは、他のテクニカル指標と併用した方がよく、今回、移動平均線との組み合わせを一部紹介しましたが、今後「1から学ぶテクニカル指標」では、RSIと組み合わせて使った方がいい指標やその使い方を、折に触れて紹介する場面がきますので、RSIは、しっかり押さえておいてください。

一方、RSIは、使い方がわかりやすい分、どんな相場でも使ってしまいがちです。RSIは、オシレーター系指標ですので、オシレーター系指標が有効な相場では機能しやすいですが、それ以外では、だましを喰らいやすくなるので注意が必要です。ゆえに、RSIを学ぶと同時に、オシレーター系指標が有効な相場についても、しっかり把握しておく必要があります。

 →オシレーター系指標が有効な相場とは(1から学ぶテクニカル指標)

また、オシレーター系指標は基本的に逆張りで使いますが、そもそも逆張りは、トレンドに逆らった手法ですので、逆張りを仕掛ける際は、必ずストップロスを入れるようにしてください。逆張りは、その時のトレンドが支配的であれば、壊滅的な大きな損失に繋がります。逆張りをする方は、ストップロスを入れる習慣が身についていない場合が多いので、どんなトレードでも必ずストップロスを入れるようにしてください。そうしなければ一発で終わる可能性がありますので。

 



 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎編(基礎をしっかり押さえておこう)

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標