オシレーター系指標が有効な相場とは(1から学ぶテクニカル指標)

2018年9月27日

 チェックポイント

チェックポイント!
オシレーター系指標にとって強い局面と弱い局面の見極めは非常に大事ですので、ここでチェックして、その局面をイメージしながら実践で判断できるように反復して覚えてもらえたらと思います。

 

テクニカル指標は数多くの種類がありますが、大別するとトレンド系指標オシレーター系指標の2つに分けることができ、トレンド系指標とオシレーター系指標の補完として出来高系指標を用いるのが一般的です(ここでは、補完として使う出来高系指標の話は省きます)。

テクニカル指標は、価格の値動きに合わせて売買シグナルを出してくれますが、それぞれのテクニカル指標は万能ではなく、機能する相場と機能しない相場があります。つまり、トレンド系指標が機能しやすい相場と、オシレーター系指標が機能しやすい相場があります。そのため、それぞれのテクニカル指標が得意とする相場に合わせて使い分ける必要があります。

あるテクニカル指標を使ったけれど「だまし」ばかりだった、という場合は、その時の相場に合わないテクニカル指標を使っていた可能性が高いです。
例えば、オシレーター系指標の代表格であるRSIを使って、価格が下落した時にRSIが買いシグナルを出したので買ったのに、さらに価格が下がって損失が出てしまった、といった場合です。オシレーター系指標は、振れ幅が大きく緩やかに上昇・下降している局面や、相場が揉み合って横ばいで推移している局面では強いですが、振れ幅が小さく急激に上昇・下降している局面は弱い指標ですので、恐らくオシレーター系指標が弱い局面でRSIを使っていたか、トレンド系指標が機能しやすい相場になっていた可能性が考えられます。

ゆえに、テクニカル指標を使う場合は、それぞれのテクニカル指標が得意とする相場を知っておく必要がありますので、ここでは、オシレーター系指標が得意な(有効な)相場を紹介します。

 

オシレーター系指標が得意な(有効な)相場

オシレーター系指標は、次のような局面が得意です。

  • 振れ幅が大きく緩やかに上昇・下降している局面
  • 振れ幅が大きく急激に上昇・下降している局面
  • 横ばいの局面(振れ幅は大きい方がいい。ただ、小さくても機能しやすい)

つまり、オシレーター系指標は、「振れ幅が大きい相場」が得意なテクニカル指標です。これらの局面で逆張りする場合に有効に機能しやすいです。

逆に言えば、振れ幅が小さい相場は横ばい時を除いて弱いです。ただ、振れ幅が小さい相場は横ばい時と言っても、振れ幅が小さい横ばいの相場というのは、よほど出来高(できだか)が少なく人気がない銘柄でなければ、長くは続きにくいです。早い段階で上下どちらかに横ばいのレンジをブレイクアウトして、急激な上昇・下降をしやすく、オシレーター系指標が不得意な相場になりやすいので、機能するものの、使わない方がいいと思います。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] オシレーター系指標が有効な相場とは(1から学ぶテクニカル指標)