トレンド系指標とは(1から学ぶテクニカル指標)

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

 

動画で解説ーYouTubeー

 

 

トレンド系指標とは(姉妹サイト「株式投資大百科」より)

 

 

チェックポイント!

トレンド系指標の解説です。

トレンド系指標は、ある程度方向性が出ないとシグナルを出しませんが、解説で書いているトレンド系指標がよく効く「強い局面」では威力を発揮しますので、トレンド系指標にとって強い局面と弱い局面をしっかり把握しておいて、相場を見ながら使用すれば、トレンド発生時にはトレンドに乗ったトレードが行えます。ゆえに、まずはトレンド系指標にとって強い局面と弱い局面をしっかり覚えておいてください。また、トレンド系指標は、ある程度方向性が出ないとシグナルを出さないため、反転のシグナルが遅れる点も必ず把握しておいてください。

トレンドは上昇トレンドにしても下降トレンドにしても、モメンタムを伴ったものであれば、そのトレンドは強いと判断できます。その見方については、今後「1から学ぶテクニカル指標」で順に解説していきますし、トレンドというのは、トレンドが一旦休止する形も出てきます。トレンドが一旦休止する「トレンドの休止」の形は、以後もトレンドが継続する可能性が高い形なのですが、トレンド系指標はその際に反転シグナルを出す場合があります。その際の見方についても今後相場の話を交えながら順に解説していきます。ここではまず、トレンド系指標が強い局面・弱い局面・弱点・欠点をしっかり把握しておいてください。少し堅苦しい内容ですが、とても大事なことですし、一度覚えて判断できるようになって実践で使えるようになれば、トレードにとって大きな武器になりますので是非頑張って覚えてください。

 
 

 



 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎編(基礎をしっかり押さえておこう)

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標