テクニカル指標ってなに?(1から学ぶテクニカル指標)

2018年9月16日

 チェックポイント

チェックポイント!

テクニカル指標ってなに?テクニカル指標の種類や見方・使い方についての解説です。テクニカル指標については、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

テクニカル指標は、見方さえ覚えてしまえば、比較的簡単に使いこなせるものです。投資初心者の方と専門家で見方に差がつきにくいものでもあります。ゆえに、ファンダメンタルズ分析で専門家には及ばない面があるとしても、テクニカル指標の見方で及ばない面は少ないので、使いこなせると投資の精度を高めるのに役立ちます。

テクニカル指標は数多くありますが、大きくはトレンド系指標オシレーター系指標に分類されます。それぞれのテクニカル指標には、得意な(有効な)局面と、不得意な(有効でない)局面があり、相場に適したテクニカル指標を使う必要がありますので、まずは上記の解説動画&解説記事でそれをしっかり押さえておいてください。

それぞれのテクニカル指標における有効な相場のパターンについては、「1から学ぶテクニカル指標」で順に解説しますので、ここでは、トレンド系指標とオシレーター系指標がどんな局面で強いのか弱いのかを掴んでおいてください。掴むというより、覚えておかないと、テクニカル指標の「だまし」に引っかかってばかりになるので、実際のチャートの形をイメージしながら、実践で使えるように覚えてください。

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] テクニカル指標ってなに?(1から学ぶテクニカル指標)

 

解説記事

テクニカル指標とは(見方と使い方)(姉妹サイト「株式投資大百科」より)