MACDで見る利益確定ポイント|charTrade(トレード手法)

charTrade(チャートレード)とは

 

基礎

MACD(マックディー)とは、オシレーター系に分類されることもあるテクニカル指標ですが、算出の基になっているのは移動平均なので、トレンド系のテクニカル指標として用いられることも多いテクニカル指標です。

 

MACDの特徴

MACDは、移動平均線より相場に反応する速度が速いので、短期売買で使われることが多いテクニカル指標です。ただし、「だまし」も多いので、他のテクニカル指標と併用するのが一般的です。また、MACDはトレンドの流れに乗れると効果を発揮しますが、トレンドがはっきりしない時は有効でないことが多いです。

 

MACDの基本的な使い方

MACDは、「MACD」と「シグナル」という2本のラインで構成されます。「MACD」は「早いタイミングで相場に反応するライン」、シグナルは「MACDより遅れて動くライン」です。MACDは、この2本のラインから買いと売りのシグナルと判断し、短期のトレンドを判断します。

  • マイナス圏(ゼロラインより下)で、「MACD」が「シグナル」を下から上に抜けた時が買いシグナルとなります。突き抜ける傾きが急であるほどそのトレンドは強く信用度は高くなります。

  • プラス圏(ゼロラインより上)で、「MACD」が「シグナル」を上から下に抜けた時が売りシグナルとなります。突き抜ける傾きが急であるほどそのトレンドは強く信用度は高くなります。

 

MACDで見る利益確定ポイント

MACDを使ったトレードの仕掛けのタイミングは「MACDで見る押し目買い・戻り売りの仕掛けのタイミング」「MACDで見るリバウンドを仕掛けるタイミング」「MACDで見る買増し・買戻しのポイント」を参照してください。ここでは、それらの仕掛けのタイミングにおける利益確定ポイントについて解説します。

  • charTradeでは「MACDで見る押し目買い・戻り売りの仕掛けのタイミング」に条件を設けており、MACDの「MACD」はモメンタムを示しますので(「MACDでモメンタムを見る方法」参照)、MACDの「MACD」が「シグナル」を突き抜ける角度が急である場合に仕掛けることとしています。これは、突き抜ける角度が急であるほど、そのトレンドはモメンタムが強く信頼度が高くなるためです。ゆえに、この場合は、MACDの「MACD」が横ばいから下向きに転じ「シグナル」とデッドクロスした所が押し目買いの利益確定ポイント、MACDの「MACD」が横ばいから上向きに転じ「シグナル」とゴールデンクロスした所が戻り売りの利益確定ポイントとなります。
  • MACDでリバウンドを仕掛けるタイミングとなるのは、ゼロラインより下でMACDの「MACD」と「シグナル」がゴールデンクロスした時(ゼロラインより下でMACDの「MACD」が「シグナル」を上抜いてきた時)です。これは、MACDの「MACD」が「シグナル」を突き抜ける角度が急であれば急であるほど信頼度が上がります。ただし、リバウンドの場合は、MACDの「MACD」がゼロラインを上まわってこなければ上昇トレンド入りしない可能性が高まりますので、上まわってこない場合は、そこが利益確定ポイントとなります。また、補足で書いておくと、強い上昇に転じるには、MACDの「MACD」だけがゼロラインを上まわってくるだけでは事足りず、「MACD」と「シグナル」の両方がゼロラインを上まわってくる必要があるので注意して見ておく必要があります。
  • MACDで見る買増し・買戻しのポイント」の利益確定ポイントとなるのは、上記の「MACDで見る押し目買い・戻り売りの仕掛けのタイミング」の利益確定ポイントと同様で、MACDの「MACD」が横ばいから下向きに転じ「シグナル」とデッドクロスした所が押し目買いの利益確定ポイント、MACDの「MACD」が横ばいから上向きに転じ「シグナル」とゴールデンクロスした所が戻り売りの利益確定ポイントとなります。

 



 

関連記事

 

 

 

 

 

 



 

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎をしっかりおさえておこう!

 

 

※必ずお読みください

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

また、当サイトは、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」「株式投資大百科」「株式マーケットデータ」「初心者のため仮想通貨専門サイト」の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの解説記事をリンクを貼って活用しますので、わからない用語などがあればリンク先を参照してください。