ゴールデンクロス前・デッドクロス前の売買ポイントと仕掛けのタイミング(1から学ぶテクニカル指標)

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

 

動画で解説ーYouTubeー

 

 

 

チェックポイント!

今回は「ゴールデンクロス・デッドクロスーだましと信頼度の高い見方ー」で紹介した「信頼度が高いゴールデンクロスデッドクロス」の続編のような話です。「移動平均線の向きで見る売買ポイント」の要素も含んだ内容になっています。

移動平均線の動きは価格の動きに遅行しますし、さらに移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスとなると、実際の価格のトレンドからはかなり遅行します。ゆえに、ゴールデンクロスやデッドクロスは遅すぎて待ってられない、ゴールデンクロスやデッドクロスが起こる前に、トレンド転換を示すシグナルはないのか?と思う投資家の方も多いと思います。少しパターンを絞って、押し目買い戻り売りの形になりますが、ここではその解説を行います。

解説の仕掛けのタイミングは簡単だと思いますが、仕掛けのタイミングより、それが失敗した場合の対応や、この方法は注意点がいくつかありますので、それらはしっかりチェックしてください。

 

 

移動平均線の向き

移動平均線は、移動平均線の向きに注目して売買のポイントを見る方法があります。詳しくは「移動平均線の向きで見る売買ポイント」を参照してください。ここでは、その解説は割愛しますが、簡単には、移動平均線の向きは上昇・下降の流れを示します。すなわち、

  • 移動平均線で上昇の流れが出たと判断できるのは、移動平均線が上向きになった所
  • 移動平均線で下降の流れが出たと判断できるのは、移動平均線が下向きになった所

となります。

 

ゴールデンクロス前・デッドクロス前の売買ポイントと仕掛けのタイミング

一般的に、ゴールデンクロス(短期の移動平均線が中長期の移動平均線を上抜く)を買いシグナル、デッドクロス(短期の移動平均線が中長期の移動平均線を下抜く)を売りシグナルとして使う場合、移動平均線の向きを考慮すれば、精度が高まり、短期の移動平均線と中長期の移動平均線のクロスをする前(ゴールデンクロスやデッドクロスする前)の売買ポイントが見えてきます。

それは、買いの場合であれば、中長期の移動平均線が上向きで推移している時、中長期の移動平均線の下で推移していた短期の移動平均線が上向きになった時です。短期の移動平均線が上向きになった所が買いの仕掛けのタイミングとなります。これは中長期のトレンドが上昇を示しており、短期の流れが上向きに転じた所を仕掛けのタイミングとする方法です。

売りの場合であれば、中長期の移動平均線が下向きで推移している時、中長期の移動平均線の上で推移していた短期の移動平均線が下向きになった時です。短期の移動平均線が下向きになった所が売りの仕掛けのタイミングとなります。これは中長期のトレンドが下降を示しており、短期の流れが下向きに転じた所を仕掛けのタイミングとする方法です。

押し目買い戻り売りの方法になりますが、これにより、ゴールデンクロスやデッドクロスを確認する前に、短期のトレンド転換を捉えて早い段階でトレンドに乗ることができます。ゴールデンクロスやデッドクロスを待つ必要はありません。

 

注意点

ただし、この方法を用いる場合、いくつか注意点があります。
例えば、買いの場合の「中長期の移動平均線が上向きで推移している時、中長期の移動平均線の下で推移していた短期の移動平均線が上向きになった時」というのは、すでに短期の流れは下降局面で、一旦の戻りを試しているだけという可能性があります(売りの場合はこの逆のことが言えます)。ゆえに、短期の移動平均線がゴールデンクロスしなかった場合や、ゴールデンクロスせずに短期の移動平均線が下向きに転じた場合は、手仕舞いが基本になります。

加えて、この方法は、短期の移動平均線も中長期の移動平均線も、比較的期間が長めの移動平均線を使う場合に効果が出やすい傾向があります。charTradeでは、短い移動平均線同士では信頼度が極端に下がるため使わない方がいいとしています。すなわち、短期売買ではあまり使えない方法だと捉えています。例えば、数日の短期のトレンド転換を見る場合、5日移動平均線10日移動平均線を使うことがありますが、こういった期間の短い移動平均線同士を利用する場合は信頼度が下がってだましが多くなりますので、その場合は、ゴールデンクロス前・デッドクロス前に仕掛けるこの方法は取らない方がいいです。

ゆえに、比較的期間の長い移動平均線同士の組み合わせで使う必要がある方法なのですが、長期の大きなトレンドは頻繁に発生するものではないということも考慮しておく必要があります。あまり長めの移動平均線にしてしまうのも、長めにすれば長めにするほど利益を得るチャンスがあまりきませんし、どの期間の移動平均線を使うかは、個々の銘柄の相場のクセもありますので一概には言えませんが、

この期間のいずれかの組み合わせで使うのがいいと思います。すなわち、短期の移動平均線は25日移動平均線以下、中長期の移動平均線は100日移動平均線以下。

ただ、短期も中長期もあまり長めにしてしまっても、仕掛けのタイミングは出にくいので、信頼度は下がりますが、5日移動平均線&20日移動平均線の組み合わせあたりから過去の傾向を判断していくのがいいと思います。信頼度の観点で言うと、一概には言えませんが、基本的にはこのあたりの期間であれば、50%程度と捉えておくのがベターだと思います。

 

 

 

関連記事

charTrade

 



 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎編(基礎をしっかり押さえておこう)

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標