フラッグ型のブレイクアウトがだましだった場合の損切りポイント|charTrade(トレード手法)

charTrade(チャートレード)とは

 

基礎

[上昇フラッグ型]

上昇フラッグ型とは、大陽線を付けた後、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り下がるサポートラインの中で価格がもみ合う型のことです。上昇フラッグ型は、いずれレジスタンスラインを上抜ける可能性が高い型です。上昇フラッグ型における仕掛けのタイミングは、「フラッグ型の仕掛けのタイミング」を参照。

 

 

[下降フラッグ型]

下降フラッグ型とは、大陰線を付けた後、上値が切り上がるレジスタンスラインと下値が切り上がるサポートラインの中で価格がもみ合う型のことです。下降フラッグ型は、いずれサポートラインを下抜ける可能性が高く、その後下降トレンドが続きやすいので注意が必要です。下降フラッグ型は、一見すると価格が上昇トレンドを描いているように見えるので注意が必要です。下降フラッグ型における仕掛けのタイミングは、「フラッグ型の仕掛けのタイミング」を参照。

 

トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)の引き方は、「サポートラインとレジスタンスラインの引き方」や「トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)の詳しい引き方」を参照してください。

 

フラッグ型のだまし

フラッグ型は、チャート上でそれが形成される前のトレンドと同じ方向に価格がブレイクアウトするのが一般的です。というのも、フラッグ型というのはそれまでのトレンド中の揉み合い期間で、トレンドの休止期間を示す型であるため価格はその後、以前のトレンドと同じ方向に動く可能性が高いとされています。例えば、上昇フラッグ型であれば、1-3週間程度の上昇トレンド中の揉み合い期間となります。よって、フラッグ型の中で価格が揉み合った後には、以前のトレンドと同じ方向に価格がブレイクアウトしやすいです。

これらのことから、フラッグ型の形成の後に以前のトレンドとは違う方向に価格がブレイクアウトすれば、それがフラッグ型の「だましシグナル」となります。例えば、上昇フラッグ型であれば、上昇フラッグ型の後に価格が下方向にブレイクアウトした場合、下降フラッグ型であれば、下降フラッグ型の後に価格が上方向にブレイクアウトした場合が「だましシグナル」となります。

この「だましシグナル」は、フラッグ型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効となります。すなわち、上昇フラッグ型で価格が下方向にブレイクアウトした場合は、上昇フラッグ型の上のトレンドライン(レジスタンスライン)を価格が上抜いてこない限りは有効です。下降フラッグ型で価格が上方向にブレイクアウトした場合は、下降フラッグ型の下のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効となります。

 

フラッグ型のブレイクアウトがだましだった場合の損切りポイント

上記のことから、フラッグ型のブレイクアウトがだましだった場合の損切りポイントは以下のようになります。

  • 上昇フラッグ型の場合、価格が上へブレイクアウトした後、上昇フラッグ型の下のトレンドライン(レジスタンスライン)に価格が戻ってきた所。
  • 下降フラッグ型の場合、価格が下へブレイクアウトした後、下降フラッグ型の上のトレンドラインに価格が戻ってきた所。

価格がブレイクアウトした後に、上昇フラッグ型の下のトレンドライン(下降フラッグ型の場合は上のトレンドライン)に戻ってくるということは、トレンドの反転を示唆するので、ここでポジションを手仕舞うのが一般的です。

 

だましのだまし

上記で「フラッグ型のブレイクアウトがだましだった場合」を紹介しましたが、だましとなった場合でもフラッグ型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてきた場合は、フラッグ型の「だまし」が「だまし」となったと解釈できます。「だまし」が必ずトレンド反転のシグナルとなるわけではないため、「だまし」の「だまし」がある点も念頭においておく必要があります。

 



 

関連記事

 

実際のトレードの紹介

フラッグ型で筆者が実際に行ったトレードを、手書きのチャート付きでブログで紹介しています。ブログですので、当時の他の内容の文も書いていますが、よかったら参考にしてください。上の記事から順に見てもらうといいと思います。ただ、ちょっと量が多いと思いますので、「フラッグ型のまとめ(NYダウのテクニカル分析)」だけ見てもらうだけでもいいかと思います。

 

 

 

 

 

 



 

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

  • 強制的に利益確定すべき時とは
値幅測定
  • 値幅測定による利益確定ポイント
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

※必ずお読みください

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

また、当サイトは、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」「株式投資大百科」「株式マーケットデータ」の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの解説記事をリンクを貼って活用しますので、わからない用語などがあればリンク先を参照してください。