PR

ペナント型のブレイクアウトがだましだった場合の損切りポイント|charTrade(トレード手法)

基礎

 上昇ペナント型

上昇ペナント型とは、大陽線を付けた後、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り上がるサポートラインの中で価格がもみ合いながら時間の経過とともに徐々に収束していく型のことです。上昇ペナント型における仕掛けのタイミングは、「ペナント型の仕掛けのタイミング」を参照。

スポンサーリンク

 下降ペナント型

下降ペナント型とは、大陰線を付けた後、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り上がるサポートラインの中で価格がもみ合いながら時間の経過とともに徐々に収束していく型のことです。下降ペナント型における仕掛けのタイミングは、「ペナント型の仕掛けのタイミング」を参照。

※トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)の引き方は、「サポートラインとレジスタンスラインの引き方」や「トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)の詳しい引き方」を参照してください。

ペナント型のだまし

ペナント型は、チャート上でそれが形成される前のトレンドと同じ方向に価格がブレイクアウトするのが一般的です。というのも、ペナント型というのはそれまでのトレンド中の揉み合い期間で、トレンドの休止期間を示す型であるため価格はその後、以前のトレンドと同じ方向に動く可能性が高いとされています。例えば、上昇ペナント型であれば、1-3週間程度の上昇トレンド中の揉み合い期間となります。よって、ペナント型の中で価格が揉み合った後には、以前のトレンドと同じ方向に価格がブレイクアウトしやすいです。

これらのことから、ペナント型の形成の後に以前のトレンドとは違う方向に価格がブレイクアウトすれば、それがペナント型の「だましシグナル」となります。例えば、上昇ペナント型であれば、上昇ペナント型の後に価格が下方向にブレイクアウトした場合、下降ペナント型であれば、下降ペナント型の後に価格が上方向にブレイクアウトした場合が「だましシグナル」となります。

この「だましシグナル」は、ペナント型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効となります。すなわち、上昇ペナント型で価格が下方向にブレイクアウトした場合は、上昇ペナント型の上のトレンドライン(レジスタンスライン)を価格が上抜いてこない限りは有効です。下降ペナント型で価格が上方向にブレイクアウトした場合は、下降ペナント型の下のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効となります。

ペナント型のブレイクアウトがだった場合の損切りポイント

上記のことから、ペナント型のブレイクアウトがだましだった場合の損切りポイントは以下のようになります。

  • 上昇ペナント型の場合、価格が上へブレイクアウトした後、上昇ペナント型の下のトレンドライン(レジスタンスライン)に価格が戻ってきた所。
  • 下降ペナント型の場合、価格が下へブレイクアウトした後、下降ペナント型の上のトレンドラインに価格が戻ってきた所。

価格がブレイクアウトした後に、上昇ペナント型の下のトレンドライン(下降ペナント型の場合は上のトレンドライン)に戻ってくるということは、トレンドの反転を示唆するので、ここでポジションを手仕舞うのが一般的です。

だましのだまし

上記で「ペナント型のブレイクアウトがだましだった場合」を紹介しましたが、だましとなった場合でもペナント型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてきた場合は、ペナント型の「だまし」が「だまし」となったと解釈できます。「だまし」が必ずトレンド反転のシグナルとなるわけではないため、「だまし」の「だまし」がある点も念頭においておく必要があります。

※charTradeは、実際にトレードを仕掛ける場合の条件を設けています。「トレードを仕掛ける際の条件」を参照してください。

スポンサーリンク

関連記事

タイトルとURLをコピーしました