PR

ペナント型の利益確定ポイント|charTrade(トレード手法)

基礎

 上昇ペナント型

上昇ペナント型とは、大陽線を付けた後、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り上がるサポートラインの中で価格がもみ合いながら時間の経過とともに徐々に収束していく型のことです。上昇ペナント型における仕掛けのタイミングは、「ペナント型の仕掛けのタイミング」を参照。

スポンサーリンク

 下降ペナント型

下降ペナント型とは、大陰線を付けた後、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り上がるサポートラインの中で価格がもみ合いながら時間の経過とともに徐々に収束していく型のことです。下降ペナント型における仕掛けのタイミングは、「ペナント型の仕掛けのタイミング」を参照。

※トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)の引き方は、「サポートラインとレジスタンスラインの引き方」や「トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)の詳しい引き方」を参照してください。

ペナント型の利益確定ポイント

ペナント型は、天井圏で上昇ペナント型が出た場合や、底値圏で下降ペナント型が出た場合、その後の展開によってビッグトレンドが発生する可能性がありますが(「ペナント型の仕掛けのタイミング」参照)、ペナント型は、価格がトレンドライン(レジスタンスラインやサポートライン)をブレイクアウトした後、トレンドが一時的で終わる可能性があり、短期売買向きの型としても捉えられることが多いため、charTradeでは、価格がトレンドラインをブレイクアウトしたらボリンジャーバンドと移動平均線、MACDを併用して、ボリンジャーバンドと移動平均線、MACDでトレンドの継続と終了を判断し、トレンドの終了が濃厚となればそこを利益確定のポイントとしています。

例えば、価格が上昇ペナント型のレジスタンスラインを上抜けた(ブレイクアウトした)後、ボリンジャーバンドのバンド幅が収束してきたり、移動平均線が横ばいから下向きになった、MACDがゼロラインより上でデッドクロスした場合やMACDの「MACD」がゼロラインを割ってくるなど、上昇トレンドの終了を示唆するシグナルが出た時点で利益確定といった具合です。

各テクニカル指標を使ったトレンドの見方については、以下の「charTrade(チャートレード)トップ・メニュー」のボリンジャーバンド、移動平均線、MACDの欄のページを参考にしてください

スポンサーリンク

関連記事

タイトルとURLをコピーしました