トランプ氏記者会見の内容とポイント(2017年1月11日)

 

記者会見の司会者


  • 一部メディアの「ロシアの情報機関がトランプ氏の弱みを握るために不名誉な私生活や財産の情報を入手した疑いがある」との報道を否定。

 

 

次期副大統領のペンス氏


  • 大統領は再びアメリカを偉大にすることができる人物だ。
  • 記者会見の司会者同様、上記のメディアの報道を否定。

 

 

トランプ氏


  • トランプ氏も上記のメディアの報道を否定。
  • 多くの自動車企業(フィアットCとフォード)が米国に帰ってくることを歓迎する。GMも追随してくれることを期待する。また、多くの産業や企業がアメリカに帰ってくることを期待する。製薬は国内でほとんど生産していない。アメリカで生産を始めて欲しい。アメリカを去って好き放題やっている企業に高い関税をかける。軍事産業に関して、戦闘機は予算オーバーしているので製造について考え直さなければならない。競争を取り入れてコストを見直す。海外企業も米国にくる。米国のために素晴らしい活動をしてくれるだろう。私たちはこれから雇用を生み出していく。最も多くの雇用を生み出す大統領になる。
  • 政権の人事は時間をかけて米国のために良い人を選んだ。
  • 米国は様々なサイバー攻撃を受けているが、今後さらに守りを固める。
  • ロシアがトランプ氏を助けるためにサイバー攻撃したとの報道を否定。プーチン大統領が私を助けることはない。ロシアと一切取引も行っていない。会社としてロシアに負債もない。就任後90日以内にサイバー攻撃のリポートを発表する。
  • 会社の経営権は息子のドンとエリックに譲る。経営は二人がやる。トランプ氏は経営に関わらない。
  • 貿易は良い取引が行われていない。貿易の不均衡によって中国に対して年間何千億ドルの損失が出ている。日本、メキシコ、その他ほとんどの国に対しても良い取引ができていない。ゆえに、今後成功を収めた人を政権に招き入れたい。
  • オバマケアは最悪のもの。オバマケアは全ての長官が任命されるとほぼ同時、または直後に撤回し別なものに入れ替える。そして、控除が受けられる医療保険関連の法案をすぐ通す。
  • 米国内の移転はいいが、メキシコで製造し輸入するなら高い関税を課す。
  • メキシコ国境に壁をすぐ作る。交渉はすぐに始める。1年や1年半も待ちたくはない。合意に至るまで待つつもりはない。費用はメキシコに払わせる。税金になるか支払になるかわからないが必ずそうなる。壁は必ず作る。



 

関連記事


 

 

当ページは、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。