ダブルトップとダブルボトムがだましだった場合の損切りポイント|charTrade(トレード手法)

2017年8月14日

基礎

ダブルトップとは、「ダブル天井」とも呼ばれる、価格が高値圏にある時に相場の天井を示し、主要なトレンドの転換のサインとしてよく知られているチャートのパターンです。

2つの山と1つの谷があり、2つの山の高値がほぼ同じ位置になるのが特徴です。2つ目の山を形成した時、1つ目の山を越えようと上昇しましたが、それだけの買いが入らず下落してしまったパターンで、以後下降トレンド入りしやすい傾向があります(ダブルトップは比較的有名なチャートのパターンですが、時にトリプルトップを作ることもあります)。ダブルトップの仕掛けのタイミングは「ダブルトップとダブルボトムの仕掛けのタイミング」を参照。

ダブルトップがだましだった場合の損切りポイント

比較的少ないですが、ダブルトップは「だまし」になることもあります。ダブルトップで形成される天井の抵抗線を価格がブレイクアウトした場合、「だまし」となります。「だまし」となった場合、価格はダブルトップが意味する抵抗線を無視して動くことになりますので、charTradeではダブルトップで形成される天井の抵抗線の位置を損切りのポイントとしています。逆に、charTradeではここを途転するタイミングともしています。

基礎

ダブルボトムとは、「ダブル底」とも呼ばれる、価格が底値圏にある時に相場の底を示し、主要なトレンドの転換のサインとしてよく知られているチャートのパターンです。

2つの谷と1つの山があり、2つの谷の安値がほぼ同じ位置になるのが特徴です。考え方はダブルトップの逆となります。2つ目の谷を形成した時、1つ目の谷を下抜けようと下落しましたが、それだけの売りが入らず上昇したパターンで、以後上昇トレンド入りしやすい傾向があります(ダブルボトムは比較的有名なチャートのパターンですが、時にトリプルボトムを作ることもあります)。ダブルボトムの仕掛けのタイミングは「ダブルトップとダブルボトムの仕掛けのタイミング」を参照。

ダブルボトムがだましだった場合の損切りポイント

比較的少ないですが、ダブルボトムは「だまし」になることもあります。ダブルボトムで形成される底の抵抗線を価格がブレイクアウトした場合、「だまし」となります。「だまし」となった場合、価格はダブルボトムが意味する抵抗線を無視して動くことになりますので、charTradeではダブルボトムで形成される底の抵抗線の位置を損切りのポイントとしています。逆に、charTradeではここを途転するタイミングともしています。



関連記事