Vトップ(V天井)の仕掛けのタイミング|charTrade(トレード手法)

2017年10月1日

基礎

Vトップ(V天井)とは、急激に反転して形成された天井のことです。

Vトップ(V天井)の特徴

Vトップ(V天井)は、急激な上昇をして天井を作ったもののすぐに反転することによって形成されます。ただし、スパイクハイのように長い上ヒゲをつけたり、リバーサルハイや窓を空けるなどの相場の天井を示唆するシグナルを伴っていなかったり、テクニカル指標において天井の形成を促すシグナルが伴っていなければ、事前に見分けることが困難な形です。すなわち、テクニカル分析における天井の形成を促すシグナルが出ない場合もあるため、相場反転が事前に察知できないことがあります。

Vトップ(V天井)の仕掛けのタイミング

Vトップ(V天井)は、上記の通り事前に天井形成が察知しにくいため、charTradeではチャート上で似た形が出現しても仕掛けのタイミングとはしていません。ただし、Vトップ(V天井)の形が出た後に数カ月程度揉み合いの期間があれば、天井形成の可能性が高まりますので、その場合を売りの仕掛けのタイミングとしてます。

ストップロスの位置

Vトップ(V天井)の形が出た後に、数カ月程度揉み合いの期間があって売りを仕掛けた場合、ストップロスの位置は、揉み合いの上限の位置となります。これは、価格が下落せず上昇して揉み合いの上限を抜いてくると天井形成が「だまし」となるためです。

※charTradeは、実際にトレードを仕掛ける場合の条件を設けています。「トレードを仕掛ける際の条件」を参照してください。



関連記事