レシオケータで効率のいい売買をする方法(1から学ぶテクニカル指標)

チェックポイント!

レシオケータの具体的な使い方の解説です。

レシオケータの重要なポイントの解説をしっかり押さえておいてください。その上で、レシオケータはトレンド分析やチャート分析を使いますので、テクニカル分析の知識を必要としますが、下の欄の解説で、それぞれのテクニカル分析の解説ページのリンクを貼っていますので、それを参考にしながら、テクニカル分析も学んでください。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] レシオケータで効率のいい売買をする方法(1から学ぶテクニカル指標)

レシオケータの具体的な使い方

レシオケータの解説は、「レシオケータ(1から学ぶテクニカル指標)」を参照してください。ここではレシオケータで効率のいい売買をする方法について解説します。

実際の売買では、買いの対象となるのは、レシオケータが上昇トレンドになっているものに絞った方がいい傾向があります。そうすれば、市場平均よりいいパフォーマンスで投資効率がいい銘柄に絞ってウォッチすることができるからです。ゆえに、レシオケータが下降から上昇に転じた時が最も重要なポイントとなります。そして、その後は、いつその上昇トレンドが終わるのかをチェックしておく必要があります。

レシオケータは、一般的にはチャート分析やトレンド分析などのテクニカル分析を用います。ダブルトップダブルボトム三尊天井逆三尊ラウンドトップラウンドボトム三角持ち合いなどのチャート分析を用いたり、移動平均線トレンドラインを引いてトレンド分析を行うなど、レシオケータはテクニカル分析を用いるのが一般的です。

ただし、レシオケータを用いる場合は、ボックス相場逆張りをする方法はあまりとりません。レシオケータは方向性が重要であり、レシオケータでパフォーマンスがいい銘柄をウォッチすることが重要であるため、レシオケータで市場平均より強い動きをしている銘柄を狙って、市場平均が上昇に転じた時により大きな上昇を取ることを目的とした方が、投資効率が上がりやすいと思います。