グランビルの法則(1から学ぶテクニカル指標)

2018年10月23日

 チェックポイント

チェックポイント!

移動平均線の買いシグナルや売りシグナルは、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

移動平均線の買いシグナルや売りシグナルは「グランビルの法則(グランビルの8法則)」で判断するのが一般的で最も有名です。移動平均線は米国のチャート分析家「ジョゼフ・E・グランビル氏」が考案したもので、移動平均線と価格の乖離や方向性を見て売買のポイントを判断する材料として考案されたのが「グランビルの法則(グランビルの8法則)」です。

グランビルの法則は、charTradeの基礎編の「移動平均線の買いシグナルと売りシグナル」で、既に紹介していますので、その動画とリンクを載せています。

紹介している8つの買いシグナルと売りシグナルは、全て頭に入っている状態で実際のチャートを見て判断できるのが普通ですし、簡単ですので覚えておきましょう。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] 移動平均線の買いシグナルと売りシグナル|charTrade(基礎編)

 

解説記事

移動平均線の買いシグナルと売りシグナル

 



 

関連記事