ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

イコールポジションピラミッディング(同規模積み増し型ピラミッディング)とは|charTrade(基礎編)

スポンサーリンク

イコールポジションピラミッディングとは

イコールポジションピラミッディングとは、日本では「同規模積み増し型ピラミッディング」と訳される、ピラミッディング建玉法の一つです。ピラミッディングとは、日本では「利乗せ」や「乗せ商い」と訳される、米国では代表的な建玉法(建玉操作)のことです。簡単には、買い増しや売り増しの方法です。

スポンサーリンク

イコールポジションピラミッディングの意味と特徴

イコールポジションピラミッディングは、同じ量(ロット数)のポジションを積み増していく建玉法です。スケールダウンピラミッディングが、買い増しや売り増しの量(ロット数)を次第に減らしながら、全体的なポジションを次第に増やしていく建玉法であるのに対し、イコールポジションピラミッディングは最初に仕掛けた量と同量を積み増していく所に特徴があります。ゆえに、合計のポジションは逆さまにしたピラミッドのような形になります。

イコールポジションピラミッディングは、思惑通りに相場が進み、トレンドに乗れればスケールダウンピラミッディングより利益は多くなりますが、その分リスクも高くなるのも特徴の一つです。

量でなく金額にすることもある

イコールポジションピラミッディングは、同量を積み増していく建玉法ですが、量ではなく金額を同じにする方法もあります。これはドルコスト平均法と同じ発想のものとなります。量としては買い増しであれば、金額を同じにするので上に行くほど量は少なくなり、売り増しであれば、下にいくほど量は多くなります。

買い増しや売り増しを行うタイミング

実際の相場で、どのタイミングで買い増しや売り増しを行えばいいかは、charTradeの以下のページで、テクニカル分析に基づいたタイミングを紹介していますので、参考にしてください。

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] イコールポジションピラミッディング(同規模積み増し型ピラミッディング)とは|charTrade(基礎編)

タイトルとURLをコピーしました