エンベロープ(1から学ぶテクニカル指標)

チェックポイント!

移動平均線を一定の割合で上下に乖離させ、バンド幅で表示させるテクニカル指標「エンベロープ」の解説は、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

移動平均線の特性を利用した比較的単純なテクニカル指標ですので、見方や使い方はすぐわかると思います。移動平均線と何%乖離で設定すればいいは、銘柄ごとにクセがありますので一概には言えませんが、何%で合うかな?何%で合うかな?と、過去のチャートで調べて行けば上限・下限の最適な設定はすぐ見つかると思います。日経平均株価などの指数や大型株など流動性が高い銘柄で有効に働きやすいですが、エンベロープが基準としているのは移動平均線であるため、移動平均線についてもよく知っておく必要があります。移動平均線については、以下のリンク先を参照してください。

移動平均線(1から学ぶテクニカル指標)

また、一般的には逆張りで使うことが多いエンベロープですが、順張りで使うこともあります。その解説やエンベロープの注意点などは「エンベロープを順張り・逆張りで使う(1から学ぶテクニカル指標)」を参照してください。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] エンベロープ(1から学ぶテクニカル指標)

解説記事

エンベロープとは(見方と使い方)(姉妹サイト「株式投資大百科」より)