エンベロープを順張り・逆張りで使う(1から学ぶテクニカル指標)

チェックポイント!

「エンベロープ」の基本的な解説は、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

一般的には逆張りで使うことが多いエンベロープですが、価格にトレンドが出ている場合は、移動平均線の向きと同じようにエンベロープのバンドも動くので、逆張りで使うと大きなミスになります。まずは、相場が揉み合いか、トレンドが発生しているのかを見極める必要があります。トレンドの傾向を確認するにはエンベロープでは事足りませんので、ボリンジャーバンドと併用するのがオススメです。ボリンジャーバンドでトレンドを見る方法は、charTradeで紹介していますので、以下のリンク先を参照してください。

ボリンジャーバンドでトレンドを見る方法

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] エンベロープを順張り・逆張りで使う(1から学ぶテクニカル指標)

解説記事

エンベロープを順張り・逆張りで使う(姉妹サイト「株式投資大百科」より)