ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

ボリュームレシオーRSIと組み合わせて使うー(1から学ぶテクニカル指標)

スポンサーリンク

解説記事

出来高系指標の「ボリュームレシオ」の解説は、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] ボリュームレシオーRSIと組み合わせて使うー(1から学ぶテクニカル指標)

スポンサーリンク

チェックポイント

ボリュームレシオは、出来高系指標の代表格で最もよく使われている指標です。
底値圏の判断で特に使える指標ですので、ボリュームレシオは見れるようになった方がいいです。解説の通り、天井圏の目安としても使えますが、天井圏では大きくオーバーシュート(行き過ぎ)する場合がありますので注意が必要です。

ボリュームレシオは、RSIと組み合わせて使うのが一般的で、売買のいいシグナルになりやすく、その解説もしていますのでチェックしておいてください。RSIと組み合わせる場合は設定をイジった方がいいので、そこもチェックしておいてください。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?
価格の動きに合わせて買いシグナルや売りシグナルを出してくれるテクニカル指標を1から順に学んでいける解説記事です(動画解説もあります)。
タイトルとURLをコピーしました