ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

出来高対応チャート(1から学ぶテクニカル指標)

スポンサーリンク

解説記事

出来高系指標の一つ「出来高対応チャート」の解説は、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] 出来高対応チャート(1から学ぶテクニカル指標)

[動画で解説] 出来高系指標とは(1から学ぶテクニカル指標)

スポンサーリンク

チェックポイント

出来高系指標はメインで使うテクニカル指標とはなりえず、あくまで補完としてのみ利用する必要があります。出来高(できだか)の特徴を押さえて使う必要がありますので、その上で「出来高系指標とは」の解説を見てください。

出来高対応チャートはローソク足実体の横幅で出来高を表す指標ですので、出来高で見る価格の重さや軽さのメドであったり、底値圏で太いローソク足が出て上昇した場合は強い上昇になりやすいという出来高の特性を生かした判断が一目瞭然、わかりやすいといった特徴があります。

一方で、出来高対応チャートに対応しているソフトはかなり特殊で、一般的にはほぼありませんので、参考程度に解説を見てもらえればと思います。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?
価格の動きに合わせて買いシグナルや売りシグナルを出してくれるテクニカル指標を1から順に学んでいける解説記事です(動画解説もあります)。
タイトルとURLをコピーしました