ヒストリカルボラティリティ(1から学ぶテクニカル指標)

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

 

動画で解説ーYouTubeー

 

 

ヒストリカルボラティリティ(見方と使い方・標準偏差ボラティリティとの違い・テクニカル指標)(姉妹サイト「株式投資大百科」より)

 

 

 

 

標準偏差とは(わかりやすく解説)

 

 

チェックポイント!

ボラティリティを示すテクニカル指標の代表格「ヒストリカルボラティリティ」の解説です。

標準偏差ボラティリティと似た指標で、価格変動率から計算する違いがありますが、概ね標準偏差ボラティリティと同じ動きをしますので、標準偏差ボラティリティはオススメだと書きましたが、使い方は同じですし、ヒストリカルボラティリティを使われるのもいいと思います。ヒストリカルボラティリティも同じように、単体で使うことはできませんが、トレンドの強弱を示してくれる有望なテクニカル指標ですので、メインで使える指標です(と筆者は思います)。順張りの場合は、トレンドの強弱を判断するために必ず見ておきたいテクニカル指標で、DMIと組み合わせて使うのが一般的です。

 



 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎編(基礎をしっかり押さえておこう)

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標