ヒストリカルボラティリティ(1から学ぶテクニカル指標)

2018年11月30日

 チェックポイント

チェックポイント!

ボラティリティを示すテクニカル指標の代表格「ヒストリカルボラティリティ」の解説は、以下の解説記事のリンク先を参照してください。

標準偏差ボラティリティと似た指標で、価格変動率から計算する違いがありますが、概ね標準偏差ボラティリティと同じ動きをしますので、標準偏差ボラティリティはオススメだと書きましたが、使い方は同じですし、ヒストリカルボラティリティを使われるのもいいと思います。ヒストリカルボラティリティも同じように、単体で使うことはできませんが、トレンドの強弱を示してくれる有望なテクニカル指標ですので、メインで使える指標です(と筆者は思います)。順張りの場合は、トレンドの強弱を判断するために必ず見ておきたいテクニカル指標で、DMIと組み合わせて使うのが一般的です。

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

動画で解説ーYouTubeー

 

解説記事