ヘッジのかけ方|charTrade(トレード手法)

charTrade(チャートレード)とは

 

基礎

ヘッジ(hedge)とは、投資のリスクを相殺するために行う取引のことです。広義では、特定のリスクを持つエクスポージャーの損失を回避するために行う取引のことです。 「リスクヘッジ」とも呼ばれます。 投資は、今後価格が上がると予想すれば買いから入り、下がると予想すれば売りから入ります。しかし、相場は思惑通りに動くとは限らず、思惑と反対の方向へ動いて損失を被ることがあります。そのリスクを避けるために行うのがヘッジです。

 

ヘッジのかけ方

charTradeでは、実際にトレードを仕掛ける場合の条件を設けており(「トレードを仕掛ける際の条件」を参照)、テクニカル分析の観点から、確率の高い方へ仕掛けるトレードを行います。すなわち、charTradeは、テクニカル分析に基づくいくつかの根拠を基に仕掛けるタイミングをはかり、実際に仕掛けます。しかし、完璧なテクニカル分析はありませんので、思惑とは逆の方向に相場が動くこともあります。その場合、損切りするか、利益確定するか、ヘッジをかけるかの選択になりますが、ここでは、charTradeにおける「ヘッジのかけ方」について解説します。


charTradeでは、思惑通りの方向に価格が進むと見込んでいるが、逆の方向に価格が動いた場合、ヘッジをかけるタイミングとしています。例えば、買いで入って価格が上昇しているが少し下げた、もしくは、売りで入って価格が下降しているが少し上げた、といった場合、ヘッジをかけるタイミングとしています。

「買いで入って価格が上昇しているが少し下げた」場合を例に解説しますが、charTradeでは、テクニカル分析に基づくいくつかの根拠を基に仕掛けているので、価格はまだ上がると見込んでいる、しかし少し下げた、だから売りのヘッジを入れる。
これは、価格がまだ上がると見込んでいるが、このまま価格が下がってしまうかもしれないので入れるヘッジです。基本的なヘッジを入れるポイントとしては、強い上昇トレンドに乗っているのであれば、5日移動平均線より価格が推移しやすいので、5日移動平均線陰線で明確に割った所で売りのヘッジを入れるなどです。もしくは、前回の安値を割った所で売りのヘッジを入れるのが基本です。

ただし、このヘッジには重要なことがあって、上記の通り「価格がまだ上がると見込んでいる」場合に限ります。上昇トレンドにおいて押し目としてサポートとなりやすいは、5日移動平均線10日移動平均線ボリンジャーバンドの+1σですので、5日移動平均線は割ったが、10日移動平均線やボリンジャーバンドの+1σで反発して上昇トレンドは継続しそうだ、と見込んでいたり、5日移動平均線を陰線で割ったが、大きな下ヒゲがついている等、あまり明確には割った感じではない、といった場合です(「陰線で明確に割る」とは、ローソク足実体が半分以上割っている状態を指しています)。

一方、価格がもう上がると見込めない場合は、ヘッジをかけずに買いポジションを落として、途転する等を検討した方がいいです。「価格がもう上がると見込めない場合」というのは、明らかな大陰線が出た等、モメンタムを伴ったトレンド転換が予想される時などがそれにあたります。

ただ、こられはあくまで一例ですので、このパターンの限りではありませんし、全ての状況におけるヘッジのかけ方を解説することは不可能ですが、「思惑通りの方向に価格が進むと見込んでいるが、逆の方向に価格が動いた場合、ヘッジをかける」ことが、charTradeにおける「ヘッジのかけ方」の基本です。

 

ヘッジを外すタイミング

引き続き、上記を例にして「ヘッジを外すタイミング」を解説すると、ヘッジをかけた後に、再度価格が上昇して、前回高値を上抜いてきた所が売りのヘッジを外すタイミングとなります。「売りのヘッジを外すタイミング」を簡単に言うと、ヘッジは、思惑とは逆の方向に価格が進んだ時に入れるので、当初の思惑通りの方向に価格が進んだ時にヘッジを外すのが基本です。この場合、ヘッジを外す際の注意点としては、買い値や売り値にはこだわらないことがポイントです。当初の思惑通りの方向に価格が進んだ場合、トレンドが継続していますので、買い値や売り値にはこだわって、ヘッジを外すタイミングを逃すと、収益が上がりにくくなるためです。また、ヘッジを外すタイミングが遅くなれば、トレンドの終盤でヘッジを外してしまう可能性も高まり、含み益が減る可能性が高まるからです。

 



 

 

 

 

 

 



 

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎をしっかりおさえておこう!

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?

 

 

※必ずお読みください

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

また、当サイトは、「株初心者のための株式投資と相場分析方法」「株式投資大百科」「株式マーケットデータ」「初心者のため仮想通貨専門サイト」の姉妹サイトです。当サイトでは投資に関する説明の際、姉妹サイトの解説記事をリンクを貼って活用しますので、わからない用語などがあればリンク先を参照してください。