ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

アノマリーはテクニカル分析の一つ|charTrade(基礎編)

スポンサーリンク

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の価格の値動きを分析して、これからの価格の値動きを予測する分析方法です。テクニカル分析は、価格の値動きの分析を行うことと、価格の値動き以外の分析を行うことです。”価格の値動き以外の分析”とは、売買代金出来高、サイクルなどを分析することを指しますが、これも結果的には価格の値動きを分析することに繋がりますので、テクニカル分析は、大きく”価格の値動きを分析すること”と捉えていて差し支えないです。

スポンサーリンク

トレンド系とオシレーター系

価格の値動きを分析するには、価格のトレンドを分析する「トレンド系」と、相場の過熱感から現在の価格が高い位置にあるのか、安い位置にあるのか、相場の転換点を探る「オシレーター系」があります。

一般的には、トレンド系は中長期的な価格の値動きの分析で用いられ、オシレーター系は短期的な価格の値動きの分析に用いられます。オシレーター系は強いトレンドが出ている時や変動率が激しい時は通用せず、相場平穏時(揉み合い相場)に逆張りをする際に向きます。

また、チャートパターンなどから価格の値動きを分析することもテクニカル分析に含まれます。

アノマリーとは

アノマリーとは、根拠はないが比較的当たりやすい経験則のことです。

数多くある市場のアノマリーは、姉妹サイト「株式投資大百科」の「アノマリー」のページで掲載していますので参考にしてください。

アノマリーはテクニカル分析の一つ

アノマリーは、イベントや時期、サイクルなどから根拠はないが比較的当たりやすい経験則として、需給であったり傾向から価格が下落しやすい、上昇しやすいといった値動きを予測するものです。すなわち、大きな捉え方でトレンドを予測しようとするものですので、テクニカル分析のトレンド系の一つと言えます。ただ、アノマリーはあくまで経験則ですので、当たる場合もあれば外れる場合もあります。ゆえに、投資判断の一つとして捉えて、たくさんのアノマリーを知っておき、そのアノマリーと実際の価格の値動きが一致した場合(トレンドが発生した場合)に仕掛けるといったトレードが有効に働きやすくなります。逆に言えば、そのアノマリーと実際の価格の値動きが一致しない場合は、そのアノマリーが外れている可能性が高まりますので仕掛けない。そうすれば、アノマリーを信じきった判断ミスによる損失は回避することができます。あくまで、実際の価格の値動きと一致するかがポイントとなります。

動画で解説ーYouTubeー

[動画で解説] アノマリーはテクニカル分析の一つ|charTrade(基礎編)

タイトルとURLをコピーしました