米国はドル高とドル安、どちらがいい?

強いドル政策

米国は、強いドル(ドル高)は米国の経済成長を反映しており国益にかなう、という米国が伝統的に掲げてきた「強いドル政策」を、1995年のクリントン政権時代から歴代財務長官が引き継いでいます。

 

なぜドル高がいい?メリットとデメリット

強いドル、すなわちドル高であれば、米国には海外から資金が入ってきて、米国の国債が買われやすくなり、輸入物価の引下げにもなるメリットがあります。ただ、輸出競争力が落ちるため、米国の製造業にとっては不利となり、さらに国内産業が海外へ流出して、産業の空洞化につながるデメリットがあります。

他方、米国はドル安政策がとりにくい面があります。

米国は経常赤字国です。その赤字は海外勢からの米国債への投資で埋め合わせているため、過度なドル安政策はとれず、「強いドルは国益にかなう」としている面もあります。



FX

 

 

ドル

 

 

キャリートレード

 

 

仮想通貨・デジタル通貨