レシオケータで効率のいい売買をする方法(1から学ぶテクニカル指標)

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

 

動画で解説ーYouTubeー

 

 

 

チェックポイント!

レシオケータの具体的な使い方の解説です。

レシオケータの重要なポイントの解説をしっかり押さえておいてください。その上で、レシオケータはトレンド分析やチャート分析を使いますので、テクニカル分析の知識を必要としますが、下の欄の解説で、それぞれのテクニカル分析の解説ページのリンクを貼っていますので、それを参考にしながら、テクニカル分析も学んでください。

 

 

レシオケータの具体的な使い方

レシオケータの解説は、「レシオケータ(1から学ぶテクニカル指標)」を参照してください。ここではレシオケータで効率のいい売買をする方法について解説します。

実際の売買では、買いの対象となるのは、レシオケータが上昇トレンドになっているものに絞った方がいい傾向があります。そうすれば、市場平均よりいいパフォーマンスで投資効率がいい銘柄に絞ってウォッチすることができるからです。ゆえに、レシオケータが下降から上昇に転じた時が最も重要なポイントとなります。そして、その後は、いつその上昇トレンドが終わるのかをチェックしておく必要があります。

 

レシオケータは、一般的にはチャート分析やトレンド分析などのテクニカル分析を用います。ダブルトップダブルボトム三尊天井逆三尊ラウンドトップラウンドボトム三角持ち合いなどのチャート分析を用いたり、移動平均線トレンドラインを引いてトレンド分析を行うなど、レシオケータはテクニカル分析を用いるのが一般的です。

 

ただし、レシオケータを用いる場合は、ボックス相場逆張りをする方法はあまりとりません。レシオケータは方向性が重要であり、レシオケータでパフォーマンスがいい銘柄をウォッチすることが重要であるため、レシオケータで市場平均より強い動きをしている銘柄を狙って、市場平均が上昇に転じた時により大きな上昇を取ることを目的とした方が、投資効率が上がりやすいと思います。

 



 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標

その他

 

charTrade(チャートレード)メニュー
  • charTrade(チャートレード)は、流動性が高い金融商品を投資対象としたトレード手法です。
  • 下記「※必ずお読みください」に記載している内容のすべてをご理解・了承いただける方のみ参考にしてください。
  • 以下の記事は上から順に読んでいただくとわかりやすいです。

 

 

 

事前準備 編

トレードの前に
 

 

 

 

仕掛けのタイミング 編

ローソク足
高値・安値
スパイク
だまし
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
アイランドリバーサル
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

保有中 編

保有中
ヘッジ

 

 

 

 

買増し・売増し 編

 

 

 

 

損切りポイント 編

相場反転ポイント
ローソク足
高値・安値
スパイク
移動平均線
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
揉み合い相場
対称三角型
ボックス相場(レンジ相場)
ラウンド
ダブルトップ・ダブルボトム
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
Vトップ(V天井)・Vボトム(V底)
カップアンドハンドル
ペンタゴンチャート
押し目買い・戻り売り
 
 

利益確定ポイント

値幅測定
売買高
  • 売買高(出来高)で判断する利益確定ポイント
高値・安値
スパイク
  • スパイクで仕掛けた場合の利益確定ポイント
トレンドライン
フラッグ型
ペナント型
窓(ギャップ)
三尊天井・逆三尊
カップアンドハンドル
ボリンジャーバンド
ペンタゴンチャート
MACD
RSI
逆行現象
押し目買い・戻り売り

 

 

 

 

基礎編(基礎をしっかり押さえておこう)

建玉法ーピラミッディングー

 

 

 

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標

その他