ただいまリニューアル作業中です。作業終了まで一部表示が乱れている場合があります。

注目はラストベルト

2020年11月のマーケット動向と投資戦略
スポンサーリンク

本日の注目イベント&経済指標

ラストベルト

5日5時半時点でブログ書いてますが、昨日は稀に見るスキャルピングのサンキュー相場。わかりにくい相場になるのかなぁと警戒してましたが、為替筆頭に選挙速報でつきまくったら、以下に内容は書きますけどそのままの動きでわかりやすく取れまくりの相場でしたから、筆者はボロ勝ちでした。材料だけでいいわと思ってcharTradeの筆者がチャート見ずにやってましたから。笑 ボラも高いしめっちゃありがたい。おそらくほとんどの方が筆者と同じようなトレードでサンキュー相場でボロ勝ちしてたんじゃないかなと推察しています。

ブルーウェーブ予想が多かったですが上院は共和党かぁって所でねじれ、経済対策規模縮小、規制強化は限定的でハイテクやヘルスケアが買われたのはそのままの動きでした。ナスダックがいい動きでしたね。基本的にはブルーウェーブ予想の巻き戻しの動き、金利も同様でしたね。財政悪化懸念後退。後退つっても金融緩和と財政出動でどの道悪化しますけど。あとはラストベルトがどうなるかって所ですね。バイデン氏が優勢っぽいですが、トランプ氏はミシガン州の投票結果の集計中止を求めて訴訟を起こす方針、ウィスコンシン州は票の再集計を要求するとしていています。この2つを落とせばトランプ氏はアウトですしね。まぁでもトランプ氏っぽくやり方が荒いというか、超雑というか、でも筆者は嫌いじゃないですけどね。笑 法廷闘争までもってくでしょうから、敗北宣言なしで選挙人確定まで時間かかりそうですね。

さて、スキャルピングは勝手にバシバシやればいいのでそれはいいのですが、紹介しているトレードで言えば、NYダウはダブルでヘッジかかったままのポジションはそのまま、戦略を変える気はなく、高い所で筆者は買わないので上がろうがついていく気はないです。一方、ナスダックは紹介しているヘッジかかったポジションは放ったらかし中ですが、一方で11500で薄く買いいれました。チャートポイントでもなんでもないんですけどね。ナスダックが買いになるのはそのままの動きでしたし、いいとこどりのご都合相場になってるから続くかなぁと思ったり、年末までの株高ってのもよぎったのでちょこっとだけ。何も考えず。ただ、巻き戻し後が大事ですし、チャートポイントでもなんでもないトレードですので、速攻で短期トレンド転換が出ればそこで損切りしますけど。

というわけで、チャートも何も載せてない雑なブログになりましたが、時間がなくなりましたので今日はこの辺で。

タイトルとURLをコピーしました