中立金利の中央値・推定レンジの掲載を開始しました

筆者
おはようございます。

今日は中立金利に関するお知らせです。

本日の注目イベント&経済指標
経済指標とは

「1から学ぶテクニカル指標」

当サイトの「charTrade(トレード手法)」に、「1から学ぶテクニカル指標」を追加しました。

「1から学ぶテクニカル指標」とは、価格の動きに合わせて買いシグナルや売りシグナルを出してくれるテクニカル指標を、1から順に学んでいける解説記事です(動画解説もあります)。

数多くあるテクニカル指標ですが、どんな場面でどう使えばいいのか、いいシグナルってどんなのがあるのか、設定(パラメーター)はどうすればいいのか、テクニカル指標は組み合わせて使えって言うけど、何を組み合わせればいいのか等を、1から順に学べます。相場の話も交えながら解説していきますので、初心者の方はもちろん、中・上級者の方も参考にしていただければと思います。

1つずつ説明していきますので、これからロングランの展開になりますが、トレードに役立つと思いますので、記事をアップした際は注目してもらえたらと思います。記事のアップ情報は当ブログや、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」のトップページで随時お知らせします(2018.9.18)。

お知らせ

米国株式市場は、軽く戻した感じで、ちょろい展開でしたね。

注目は明日のFOMCです。
相場は、FOMCによってですが、戦略的には昨日書いた感じでいいんじゃないかなと思ってます。

それより、今日は最近話題の「中立金利」についてお知らせがあります。

最近、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」でも中立金利の話を書いてて、中立金利の中央値だの推定レンジだのの話をしてますが、それはFRBが公表してます。それを姉妹サイト「株式マーケットデータ」の「FF金利の予想分布(ドットチャートより)」のページで掲載することにしました。

こんな感じです。黄色の欄です。
FF金利の予想分布(ドットチャートより)」のページを見てもらったら一発でわかると思います。

ただ、これは筆者が確認してから更新しますので、いち早くダッシュで確認したいって方は、FRBのプレスリリースを直で見る方が早いです。

「株式マーケットデータ」は、どんどんアクセスが上がってて、利用してくれてるんだなぁと実感してますので、今後、じわじわパワーアップさせていきますので、よかったらご利用ください。

ってことで、今日はそのお知らせだけです。
今日は「1から学ぶテクニカル指標」の更新はありません。アップ作業が間に合わなかったです。今日の夜にアップするかもしれないし、明日に回すか、明日FOMC関連で他のサイトの更新作業が多ければ明後日になるかもです。

これまで「1から学ぶテクニカル指標」でアップした記事を以下に載せておきます。

1から学ぶテクニカル指標

テクニカル指標ってなに?
相場とテクニカル指標
テクニカル指標の解説

トレンド系指標

オシレーター系指標

トレンド系+オシレーター系

出来高系指標

その他