Queen

ブログは概ねブログ更新日時の早朝5時時点における相場を見て書き、早朝7時ごろ投稿してます(適宜更新する場合もあります)。

筆者
おはようございます。

今日は「1から学ぶテクニカル指標」の更新はありません。

  • 当ブログは、一般的でない用語等には全て解説記事のリンクを貼っています。
  • テクニカル分析の話をしている場合、何も指定がなければ「日足」のことを書いてます。
  • 投資の判断は自己責任でお願いします。

 

本日の注目イベント&経済指標
経済指標とは

 

 

「1から学ぶテクニカル指標

当サイトの「charTrade(トレード手法)」に、「1から学ぶテクニカル指標」を追加しました。

「1から学ぶテクニカル指標」とは、価格の動きに合わせて買いシグナルや売りシグナルを出してくれるテクニカル指標を、1から順に学んでいける解説記事です(動画解説もあります)。

数多くあるテクニカル指標ですが、どんな場面でどう使えばいいのか、いいシグナルってどんなのがあるのか、設定(パラメーター)はどうすればいいのか、テクニカル指標は組み合わせて使えって言うけど、何を組み合わせればいいのか等を、1から順に学べます。相場の話も交えながら解説していきますので、初心者の方はもちろん、中・上級者の方も参考にしていただければと思います。

1つずつ説明していきますので、これからロングランの展開になりますが、トレードに役立つと思いますので、記事をアップした際は注目してもらえたらと思います。記事のアップ情報は当ブログや、姉妹サイト「株初心者のための株式投資と相場分析方法」のトップページで随時お知らせします(2018.9.18)。

 

 

Queen

昨日、Queenの映画を観てきました。まぁまぁ話題になってますよね。最近。
感想としては、筆者は、あまり・・・でした。展開が雑な感じがしてちょっとキツかったです。ストーリーの落とし方と上げ方の振れ幅が浅くて、途中でつまんなくなっちゃって、ポップコーン食うことに集中してました。「ポップコーン」っていいネーミングだなぁ、誰がつけたんだろう?とか思ってました。映画はドキュメンタリーでもないので、もうちょっと振れ幅つけてくれないと、って感じでした。

 

概況など

先週末は米国株式市場は大幅下落でしたね。その前日の大幅反発で売りポジションを半分利益確定しちゃったのは、ノイズに振らされちゃったなぁって感じで、ありゃ!と思ってましたが、今回はNYダウナスダックで両方売りで仕掛けてましたので、まぁいっかって感じで、それぞれまだ保ち合い水準でもありますので、特に何もせず、ポジションとしてはそのままです。

さて、今日は、昨日いっぱい書いた「株初心者のための株式投資と相場分析方法」の各欄のコピペです。先んじて年末のアノマリーの話も軽く入れておきましたので、よかったら読んでください。

他方、今週は相場無視ってでも「1から学ぶテクニカル指標」の更新をどんどんしていきます。今日はしないですけどね。今年中に「1から学ぶテクニカル指標」をゴールしておかないと、年末年始は姉妹サイトの更新作業もいっぱいあるので、今週・・・来週もってことになりそうですが、どんどんいきますね。

ちなみに、「1から学ぶテクニカル指標」は、紹介するものは全部見てくれってことではないです。何でも揃うサイトにしていきたいので、色々紹介してますが、これは見た方がいいとか、これはわかっておかないと具合悪いとかは書いてきてるつもりですし、筆者の独断も入ってますが「オススメ」ってことで、ゴリ押しめの指標も紹介してますので、それを中心に見てもらえたらと思ってます。また、今年で「1から学ぶテクニカル指標」はゴールするって言っても、足りてないものは折に触れてちょろちょろ追加していくつもりですので、一旦ゴールするって感じです。

さて、余計な話が多くなりましたが、今日のメインは以下の「株初心者のための株式投資と相場分析方法」の各欄のコピペです。一応、昨日書いてアップした順にコピペしておきます。

 

「アクセスランキング」の欄のコピペ

ランキング圏内に怒涛の勢いで「逆イールド」が食い込んできました。米国の2年債と5年債で逆イールドが起こって株価が急落したことから、注目を集めました。2年債と10年債も利回り差も0.13%程度とイールドカーブのフラット化が進んでいます。それらのことから「米国債利回りの推移 d」も2位に入ってきてます。パウエルFRB議長のハト派寄りの発言からの長期金利の低下の展開で、将来の景気減速を織り込む形との解説が多いですが、一方で、逆イールドが発生するのは相当前からマーケットでは熟知されていたことだと思いますし、2年債と5年債はタームプレミアムの影響も大きく、一概にそうであるとも言い辛い所です。むしろ、利回り差の縮小のペースの速さが意識された度合いが強いかなと思います。また、最近、FOMCメンバーの見方もコロコロ変わってて、そちらもドタバタ感ありますし、株価見ながら対応してる感も強い局面になってきてます。

そんな感じで、利回り差縮小のペースも意識しつつ、やっぱり逆イールドは気になる所だと思いますので、今年の半ばぐらいだったかな?に「投資戦略」のブログで紹介して、先週も紹介しましたが、逆イールドになった場合の株価と景気・経済への影響の解説を以下に載せておきます。

 

 

 

逆イールドになった場合の株価と景気・経済への影響 

これは、過去、逆イールドになった場合の傾向を解説したものです。過去の傾向では、逆イールドで株価が下落するパターンと、株価が上昇するパターンの2パターンがあります。傾向ですので、それが当てはまるかどうかは別の話ですが。

11月のFOMC議事要旨では、利上げを一時停止する可能性を示唆してて、先週もリークだと思いますが、12月で利上げ一時停止を検討する?って報道も出てきました。株価見た対応か、ファーウェイ事件を知ってての対応って感じも大いにしましたが。まぁでも、前のパウエル氏のハト派寄りの発言も結構微妙な所で、中立金利予想ゾーンのどの位置からのことを言ってるのか不明ですし、FOMCメンバーのいうこともコロコロ変わるので、19日のFOMCが注目ですが、筆者の見方としてはそれはどっちでもよくて、大事なのは投資戦略です。その話は、上記の「直近のテクニカル分析」の欄(PC版のみ)で書きますので、よかったらみてください。

 

「今週の注目イベント&経済指標」の欄のコピペ

今週の大注目は、11日のブレグジット案の採決です。現時点では英議会の反発が強く、承認の見通しが立っていないません。EU側は19年3月末の離脱時期を数カ月遅らせる案が浮上しており、合意なしの離脱を避ける狙いですが実現性は不明です。英国は19年3月29日にEUから離脱しますが、20年末までの移行期間導入には、ブレグジット案の議会承認が必要となっています。ただ、これは否決されると見込まれていますので、EUとの再交渉や離脱時期の数カ月先延ばしの行方が注目され、不安心理は働きやすくなると思います。合意なしの離脱は今回で決まるわけではないですが、以後そうなれば最悪でパニックになりかねませんので、今後の動きも含めて注目だと思います。

あとは、米国のCPIや小売売上高はビッグ指標ですし、13日はECB理事会もあります。量的緩和政策(QE)の最終決定と利上げの開始時期が焦点になっています。それを受けた欧州や米国の金利動向は注目だと思います。

 

「直近のテクニカル分析」の欄のコピペ

日経平均株価 日足 (2018.12.9 更新)

 

[月足週足日経平均)]
日経平均の月足は、24カ月移動平均線がサポートとなっている形ではあるものの、ボリンジャーバンド+1σ割れは戻せていない状況。モメンタムも下向きなので、月足として早期にモメンタムを伴ってボリンジャーバンド+1σを明確に上抜ける展開にならなければ、上昇トレンドには至らない。通常はボリンジャーバンドの中心線を挟んだ保ち合いの展開か、下方向を警戒する所。また、RSIが50近辺で、少し割れている所、今の所はニュートラルの水準と見れます。

日経平均の週足は、ボリンジャーバンドの中心線を基準に狭いバンド幅の中での推移。±3σで行ったり来たりしているもののトレンドレス。スクイーズ中ですので、次のエクスパンション待ち。一方、保ち合いでは通用しにくいですが、MACDの「MACD」がゼロライン割れ。シグナルもゼロライン付近ですので、軟調な推移が続けば戻り売り相場になりそうな所です。

[先週の展開(日経平均)]
先週の日経平均は、ファーウェイ事件や米国債券市場2年債と5年債で逆イールドが出たことや、FRBが12月利上げで一時停止検討?の報道などなどでいったりきたりで結果大幅下落し、それを受けて軟調。ただ、先週末時点では保ち合い水準で引けています。

[今後の展開予想と戦略]
今週は「今週の注目イベント&経済指標」でも書きましたが、英議会のブレグジット案の採決があって、これで合意なし離脱が決定ってことではないですが、最終的に合意なし離脱になれば影響がわからないのでパニック的になるかもしれず、大きなリスク要因として今後も見ておく必要があると思います。ゆえに、欧州の金利、さらにはそれを受けた米国の金利を中心に動向を見ておく必要があると思います。

さて、ブログでは先週の週初に書きましたが、日経平均は保ち合い水準での推移になりましたので、5日移動平均線割れの利益確定で妥当だったと思います。しょーもない展開になって申し訳なかったですが、しょーもない展開の中では、普通のトレードだったかなと思います。

一方、今年の展開としては、テクニカルどうこうより、騰落レシオ逆張りしてるのが一番取れてるって感じで見てます。騰落レシオの推移は姉妹サイト「株式マーケットデータ」で掲載してますので、またチェックしておいてください。

正確に言うと、騰落レシオのトレンドの転換を見て仕掛けるのが一番効いてるって感じです。騰落レシオは、下では一致指数となりやすいですが、上では一致指数とならないのは注意が必要で、相場自体が今年は保ち合いなので、まぁそれが妥当かなって所ですが、チェックしておくのもいいと思います。

あと、年末になると米国ではクリスマスラリー(サンタクロースラリー)であったり、日本では掉尾の一振(とうびのいっしん)なんかのアノマリー(根拠はないが比較的当たりやすいとされている経験則)がよく知られていて、それを意識される方も多いと思いますが、アノマリーっていうのは、テクニカル分析の一つです、と筆者は思ってます。そう考えた方がトレードとしては負けにくいので、以下にその解説を載せておきます。

 

 

 

アノマリーはテクニカル分析の一つ

要するに、お目当てのアノマリーと、価格の動きが一致した場合に仕掛けるといったトレードが一番いいし、アノマリーをアテにしたトレードの負けは減らせる、というのが筆者の考え方です。よかったら参考にしてください。

さて、投資戦略としては米国の株式市場の方もチェックして書きたいので、以下にNYダウナスダックのチャートを載せておきます。

 

NYダウ

 

ナスダック

ともに、先週末時点では保ち合い水準です。
展開としては、米中貿易摩擦であったり逆イールドであったりが意識されている所ですが、今後を考えた場合、OECD経済成長率予想は、来年も再来年も世界的に鈍化です。米国は来年後半にも減税効果が剥げ落ちてきます。日本はオリンピック前ですのでちょこっと上がる程度です。

当サイトのトップページでも「投資戦略」のブログでもこれまで書いてきましたが、戦略的には比較的簡単で、筆者はどこで売りで入るかだと思ってます。米国に関しては、リーマンショック以降、景気拡大が続いて株価も上昇しっぱなしです。今後上がった所で買うといった戦略は筆者はなしだと思ってます。米中貿易摩擦の影響はあまり関係ないといった見方もできますし、景気拡大はまだ続くといった見方もできますので、個々の判断次第だと思いますが、上で買いで入って置いて行かれた場合はおそらく悲惨ですし、度々書いてますが、買いで入って上をどれだけ狙うのか?という気持ちが筆者は強いです。筆者は先週のトレードをブログで紹介して、NYダウで言えば、前回高値を抜けれず、短期トレンドが転換した所で、売りで入ったっていうのを紹介しましたが、そういう戦略が基本かなと思ってます。逆つかれた場合は、即損切ればいいので、トレードとしても簡単だと思います。

言っても、先週末時点では保ち合い水準で、NYダウで言えば200日移動平均線付近での保ち合いですので、まだ上行ったっておかしくはない所ですが、上があってもついていかない。それでトレンド発生してもついていかない。むしろそのトレンドの転換があった所で売りを狙うといった考え方をしています。NYダウで言えば、高値が切り下がってきてますので、上昇しても高値を抜かずに短期トレンドが転換した所で売りを仕掛けるといった先週の筆者のトレードなんかが妥当かなと、今の所考えてます。大きな局面変わらないうちそれかなと思ってます。それが失敗して逆つかれた場合は、即損切れば大した損失にもならないと思いますので、いいんじゃないかなと思ってます。

 



 

購読
「投資戦略」の更新情報を通知で受け取れます。メール登録やユーザー登録は一切必要なく、購読解除も毎回の通知の下部からできますのでお気軽にどうぞ。PCならChrome、Firefox、Safari、スマホならAndroidで利用可。
 

 

 

PR動画 ーcharTradeチャートレード)ー

 

 

「1から学ぶテクニカル指標」最新記事 NEW!

「1から学ぶテクニカル指標」とは?

 

 

charTrade(チャートレード)最新記事 NEW!

charTrade(チャートレード)とは

 

株式マーケットデータ

各種指標やデータは、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。以下は「株式マーケットデータ」の項目別のリンク先です。簡単な解説をつけておきましたので参考にしてください。

日本

  • 日本主要株価指数(日経平均株価・TOPIX・JPX400)
    日本の日々の主要株価指数をチェック!日経平均株価は値がさ株の動きに影響を受けやすい特徴があります。東証一部の全体の動向を見るにはTOPIXを。JPX400は優良株で構成されている株価指数です。
  • ドル建て日経平均
    日経平均をドル換算した株価指数。日本株をドル建ての資産として保有している外国人投資家から見た日経平均とも言えます。外国人投資家は日経平均株価を買いやすい水準かを見る際や外国人比率が高い銘柄を手掛ける際は要チェック。
  • ユーロ建て日経平均
    日経平均をユーロ換算した株価指数。東京市場のメインプレーヤーである欧州の投資家から見た日経平均とも言え、欧州の投資家のの日経平均におけるパフォーマンスが測れます。
  • 新興市場(東証二部・JASDAQ・マザーズ)
    新興市場は個人投資家主体の市場。各市場の特徴やをおさえて主要株価指数と対比して見るとお金の流れの把握や銘柄選定、効率のいい投資の役に立ちます。
  • REIT
    REITとは不動産投資信託のことです。分配金(株の配当金に相当)が魅力の金融商品です。為替の影響を受けにくいのが特徴。利回りは3ー5%で推移しやすく、3%では魅力なし。REITはインフレ率上昇が上昇要因で金利上昇が下落要因となります。
  • 日本国債利回り
    「日本の長期金利」と言う場合、「日本10年国債利回り」のことを指しています。その動向は、ローンや財政投融資など様々な金利に影響し、日本経済への影響が大きく金融政策の動向にも影響するため、必ず見ておかなくてはならない指標です。
  • 売買代金
    現在、東証一部の売買代金が2兆円以上なら市場は活況、2兆円以下なら閑散と判断するのが一般的です。
  • PER・EPS・PBR・配当利回り(日経平均)
    PERは、昨今何倍から何倍の間で推移しているかを見て割安・割高の判断を。EPSは断続的に上昇していれば株価上昇要因。ただし資産売却が多い局面でも上がるので注意が必要。PBRはリーマン時に0.8倍まで下がったことがあります。配当利回りは世界的に日本は低いので、長期金利との兼ね合いもあるが魅力薄い。株価が下がって配当が上がるのはクラッシュ前によくあるのでその点に注意が必要。
  • 日経VI
    日経VIとは」を参照してください。
  • NT倍率
    NT倍率の値が高ければ相対的に値がさ株が強く、低ければ株式数が多い銘柄が強い。
  • 騰落レシオ
    120%以上で買われ過ぎ、100%でフラット、70%以下で売られ過ぎを示します。
    ただし、騰落レシオは底値圏では一致指標となりやすいですが、高値圏では先行しやすい指標と見るのが一般的。株価上昇局面では機能しにくい面があるのが難点。
  • 移動平均乖離率
    通常、日経平均株価は移動平均乖離率±5%で推移しやすい。変動が大きい時で±7%あたりでおさまり、±10%は行き過ぎの傾向があります(個別銘柄の場合は水準が異なります)。
  • 空売り比率
    通常は20~30%で推移。20%割れで相場が天井圏になりやすく、30%以上になれば相場が底値圏になりやすいと見るのが一般的。ただ、昨今30%以上でずっと推移しているので、今アテにはならないかも・・・
  • 信用取引残高
    信用買残と信用売残の見方」「信用評価損益率の見方」「信用倍率とは」を参照。
  • 投資部門別売買状況
    投資部門別売買状況(投資主体別売買動向)」を参照。
  • 裁定取引
    裁定買残の見方と解説」を参照。
  • SQ値
    昨今、SQの週が高値をつけていればSQ後に下がりやすい傾向があり、安値をつけていればSQ後上がりやすい傾向があります。その他、SQの見方は「SQ(特別清算指数)とは」を参照。
  • プット・コール・レシオ(PCR)
    相場に弱気な投資家が増えれば上昇、強気な投資家が増えれば低下。通常は0.10-1.00で推移。急落時は4以上も。底値圏で急上昇しピークをつけやすく、相場転換時にPCRは反対に動き始めやすい。
  • 権利付き最終日・権利落ち日の日程(カレンダー)
    株主の権利を得るには、権利付き最終日に株式を保有し、翌日の権利落ち日まで持ち越す必要がある。権利落ち日に株式を売却しても株主の権利は得られる。ただし、権利落ち日には株主優待や配当金の分だけ株価が下落しやすい。
  • 満月・新月カレンダー
    満月や新月の日は地球の引力が微妙に変化して投資家心理を変化させやすいとされています。株式市場では満月や新月の日は相場が荒れやすいor転換点となりやすいというアノマリーがあります。

米国

  • NYダウ・NASDAQ・S&P500
    NYダウ
    輸送株やエネルギー株を中心に構成された株価指数。原油価格の動向に左右されやすく海外向けの企業が多いため米ドルの動向にも左右されやすい。ただ、銘柄入替が頻発で優良株ばかり集めた指数なので、下がりにくい特徴も。
    NASDAQ
    米国のベンチャー企業向けの株式市場。ハイテク株多い。日本株との連動性が高い市場とも言われています。
    S&P500
    米国株式市場全体の動向を見る際に利用される指数。米国の大型株の動向を示す指標として機関投資家の運用成績を計るベンチマークとしても利用されます。情報技術株や金融株、ヘルスヘア株、消費者・サービス株の割合が比較的高い指数。
  • ダウ・ジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均・ダウ輸送株指数)
    ダウ・ジョーンズ輸送株平均(ダウ輸送株20種平均・ダウ輸送株指数)は、米国市場において米国の景気の先行指標、NYダウの先行指標としてして認知されています。
  • SOX指数
    米国の半導体メーカーや半導体製造装置メーカーの全30銘柄で構成される株価指数。日本の半導体関連株の動向にも影響を与える。
  • 米国REIT指数
    REITを分析する(REIT指数の上昇・下落の要因)」を参照してください。
  • 米国商業用不動産価格指数(CPPI)
    米国の商業用の不動産価格。売買交渉から契約段階の売買が反映され速報性が高い指数。
  • 米国債利回り
    経済大国である米国の「米国10年国債」は、金融商品の中でも最大の金融商品。「米国の長期金利」と言う場合、「米国10年国債利回り」のことを指しています。株でもFXでも「米国10年国債利回り」の動向を見ないなら投資はやめた方がいいと言える指標ですので必ず動向はチェックしておきましょう。見方は「金利差」を参照。
  • HYG(ドル建てハイイールド債・ジャンク債)
    投資不適格の債券であるハイイールド債(ジャンク債)。ハイリスクハイリターンの債券で、流動性が低いため、市況の悪化時には株より先に売られる傾向があります。
  • PER(NYダウ・ナスダック100・S&P500)
    米国のPERを見れる日本のサイトはあまりありませんので、是非活用してください。
  • 配当利回り(NYダウ・ナスダック100・S&P500・ラッセル2000)
    米国の各指数の配当利回りを掲載。
  • VIX指数
    通常、14から24程度で推移。20i以上で先行き不安が高まり、11から12まで低下すれば楽観視する水準と見るのが一般的。相場が急落する局面では30以上まで上昇することもありますが、30以上は相場の底を示すことが多い。ただし、金融危機が起こった際には、VIXは89まで上昇したこともある。
  • VXD(ダウ版VIX指数)
    NYダウ(ダウ平均)版のVIX指数(恐怖指数)です。数値が高いほど投資家が先行き不安を抱いていることを示し、低いほど先行きを楽観視していることを示します。
  • VXN(ナスダック版VIX指数)
    ナスダック(NASDAQ100)版のVIX指数(恐怖指数)です。数値が高いほど投資家が先行き不安を抱いていることを示し、低いほど先行きを楽観視していることを示します。
  • スキュー指数
    起こりえないことが起こる可能性を示す指数。100が平常の状態、100以上で警戒心が高まっていることを示します。ブレグジットが決まった時は153.66まで上昇しました。
  • バフェット指標(バフェット指数)
    著名投資家ウォーレン・バフェット氏が注目している指標。株式市場の時価総額は長期的にその国の経済成長に収斂していくという考え方の指標です。100以上で株式市場の過熱感を示します。
  • CAPEレシオ(シラーPER)
    PERの一種。25倍に近づくと株価の過熱感が意識されて株価は下落に転じやすい傾向があります。機能する場合としない場合がある指標ですが、機能した時が怖いので見ておく必要がある。CAPEレシオが見れるサイトは日本では当サイトだけだと思いますので、是非活用してください。
  • Fedウォッチ
    今後開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)で決定される米国の政策金利であるFFレートの誘導目標が変更される可能性を確率で表したもの。予想確率が70%以上で利上げする可能性が高いと見るのが一般的。

欧州

  • VSTOXX(欧州版VIX指数)
    欧州版のVIX指数。高くなるほど投資家がユーロ圏の株式指数の先行きに不安、低くなるほど楽観視していることを示します。

世界

為替

商品

経済指標

各経済指標の推移を掲載しています。各経済指標の解説は、各ページの下部に解説ページのリンク先がありますので、そちらを参照してください。

日本

米国