ドラギ氏出口発言とオバマケア代替法案採決先送り

2017年6月28日2017年6月のマーケット動向と投資戦略

筆者
おはようございます。

今日のcharTrade更新情報

スパイクがだましだった場合の損切りポイント

さて、相場です。

img_k039本日の重要イベント&経済指標

  • 米仮契約住宅販売指数

img_k039本日のチェックポイント!

NYどドル円
まず始めに、最近charTradeの下書きが終わり、1ブログにつき1記事単位でアップを行っていますが、いくつかやってみてアップ作業に結構時間喰うことが判明してきましたので、時間ない時は1ブログにつき1記事ってのは難しいかもです。ゆえに「だいたい」の感じで考えておいてくださいね。

それと、姉妹サイトの「株式マーケットデータ」でお知らせがありまして、「日本国債利回り」の更新が出来ていません。2年債の利回りがかなり下がっており、それをしっかり確かめてから更新しようと思ってますのであしからず。

さて、今日まずはNYダウです。結論から言えば筆者はNYダウは大部分を利益確定しました。トレードを紹介すると、10日線とボリンジャーバンドの1σが似たような位置なので、そこを割った時点で一旦ヘッジを入れておき、終値でもアウトくさくなったので、7割程度はそこで利益確定しておき、買いは3割程度は残していますが、それもヘッジがかかった状態になってす。おそらく今後は揉み合いになっていくかなぁって感じですが、売りシグナルはいくつか出てますので、以後流れが変わって下降くさくなれば建玉で対応しようかと思ってます。

もう少し書いておくと、ボリンジャーバンドが収束してきてますので、次のトレンドが出てくるまでは揉み合いで考えておくのが筋かなと思ってます。一方、5日線と10日線がデッドクロスしてきてますし、モメンタムもゼロライン近辺で危なっかしい所、MACDは前からデッドクロスしてますので短期的には下降と見てます。結構な返し方をしない間はその方向で見ておくのがいいかなと思ってます。一方、高値で揉み合う展開が継続し、また上にブレイクアウトするような展開になれば、その場合は買いを増す対応になるかと思ってます。ただ、時期が時期ですから、筆者は株はそんなに積極的にはいかないと思います。基本的に株は撤退の時期かなぁと思ってますので。

一方、昨日はドル円は取りやすかったですね。分足でも時間足でもチャートが綺麗で、トレンドも続きましたからcharTrade炸裂でした。昨日株よりFX寄りのことを書きましたが、その方向でよかったんじゃないかと思ってます。

さて、昨日はイエレン議長の講演が注目かなぁと思ってましたが、ドラギ氏発言が大きかったですね。景気回復しても金利変えないってことで出口意識の展開でしたし、オバマケア代替法案の採決が先送りになった点も影響が大きかったです。一応、円安に振れる展開でいいのですが、それも筆者は懐疑的には見てます。ドルが強くはなりにくそうですし。いや、それだとお前が相場張ってる向きと違うじゃねぇかって感じですが、基本的には何もアテにはしてませんし、価格の動きに対応するトレードしかしませんので、いつでも両面は準備して考えています。