ニュース(中東・2019年)

 

2019年

  • 2019年1月16日、トルコ中央銀行は、金融政策決定会合を開き、主要な政策金利である1週間物レポ金利を年24%据え置き決定。市場の一部に利下げ観測があったため、据え置きの発表を受けてトルコリラ買い。リラの価値を守るため中銀は引き締めスタンスを維持している。
  • 2019年1月7日、イラン中央銀行通貨イランリアルの単位を4桁切り下げるデノミネーションを政府に提案。米国のイラン産原油の輸入制限による経済の混乱を落ち着かせる対応と見られている。これまでイランは、通貨安でインフレが加速していた。
  • 2019年1月5日、トルコの18年の自動車販売(乗用車と軽商用車)が前年比35%減。リラ安による販売価格上昇と金融引き締めによる自動車ローンの金利上昇で落ち込んだ。4月から前年割れが続いていた。
  • 2019年1月3日、トルコ12月消費者物価指数CPI)は前年同月比20.3%増。前月の21.6%から低下し、2カ月連続インフレ低下。政府の減税措置や値下げキャンペーン、原油相場下落が要因と見られる。



 

 

米国

 

FRB

 

日本

 

日銀(日本銀行)

 

欧州

 

ECB

 

英国

 

ドイツ

 

イタリア

 

フランス

 

中国

 

アジア

 

中東

 

南アメリカ

 

世界