ニュース(フランス・2019年)

 

2019年

  • 2019年1月20日、ルメール仏経済・財務相は、ルノーと日産の経営統合について、その話題は今は課題になっておらず今はルノーの経営体制を作ること、と述べ、ルノーの体制固めを優先する考えを示した。日本での警戒の広がりを懸念したと見られる。
  • 2019年1月19日、フランス全土で10週末連続でマクロン政権に抗議するデモ。デモ参加者に共通の要求はなく、マクロン大統領の辞任や生活水準の改善などを求めている。マクロン大統領は運動の沈静化を狙って15日から市民らとの対話集会を始めている。
  • 2019年1月19日、フランス政府の代表団が共同持株会社方式を軸にルノーと日産を経営統合する意向を日本政府関係者に伝えたことが明らかになった。ルノーは近くゴーン氏の後任を決める見通しで、新体制の発足と同時に、仏政府の意向を受けたルノーが日産に対して強硬な姿勢で協議に臨んでくる可能性が指摘されている。
  • 2019年1月16日、ルメール仏経済・財務相は、ルノーCEOを務めるカルロス・ゴーン被告を退任させる意向。新体制で経営を立て直すことを優先した。
  • 2019年1月12日、フランス全土で9週末連続でマクロン政権に抗議するデモ。一部の参加者は銀行からできるだけ多くの現金を引き出し、金融機関に混乱を引き起こそうなどと呼びかけているもよう。
  • 2019年1月8日、マクロン政権が無届デモの規制強化法案を2月にも議会に諮る。デモに対して一転強硬姿勢へ。
  • 2019年1月5日、フランス全土で8週連続でマクロン政権に抗議するデモ。参加者は5万人程度とみられており、年末の休暇時から増加。



 

 

米国

 

FRB

 

日本

 

日銀(日本銀行)

 

欧州

 

ECB

 

英国

 

ドイツ

 

イタリア

 

フランス

 

中国

 

アジア

 

中東

 

南アメリカ

 

世界