ニュース(アジア・2019年)

2019年

  • 2019年3月8日、インド2月新車販売台数は35万9720台と前年同月比1%減。商用車よりも乗用車の減少率が高く個人消費の減速が出ていると見られている。
  • 2019年3月6日、韓国の現代自動車が中国合弁を通じて運営する北京の3工場のうち1つの稼働を中断する方向を検討。中国販売が苦戦している。18年の現地工場稼働率は5割以下、生産見直しが避けられないと判断した。
  • 2019年3月4日、フィリピンの大統領府はエスペニリャ中央銀行総裁の後任にジョクノ予算管理相をあてると発表。ジョクノ氏はフィリピン大で経済学を教え、98-01年のエストラダ政権で予算管理相を務め、16年からドゥテルテ政権で予算管理相を務めた。ジョクノ氏はハト派と見る向きがある。5日に就任する見通しで、エスペニリャ氏の残りの任期の23年まで務める。
  • 2019年3月1日、パキスタンが拘束していたインド空軍機のパイロットを解放し、インドに引き渡した。パキスタンのカーン首相はインドのモディ首相に対話を呼びかけているが、インドは拒否する構えのため、緊張状態は続いている。
  • 2019年2月28日、インド18年10-12月期実質経済成長率は前年同期比6.6%増。貿易赤字の拡大と政府支出の伸び悩みが成長率を鈍化させた。
  • 2019年2月27日、インドと隣国パキスタンが両国が領有権を争うカシミール地方で衝突。26日にはインドがパキスタン領内を戦闘機で攻撃。パキスタンもその報復として27日インドの戦闘機を撃墜。核保有国の両国の緊張が高まっている。
  • 2019年2月19日、東南アジア主要5ヵ国の18年実質GDP伸び率平均は前年比4.8%と、3年ぶりに前年実績を下回った。タイ、シンガポールの輸出低迷、フィリピンでは個人消費が伸び悩み。
  • 2019年2月9日、タイのワチラロンコン国王の姉のウボンラット王女が次期首相候補を断念するとみられる声明を発表。国王が王女の候補擁立は不適切とする声明を出したことを受けての判断と見られている。
  • 2019年2月8日、インド1月新車販売台数が1%減の36万7716台。3カ月連続前年割れ。需要低迷。
  • 2019年2月8日、タイの有力勢力である国家維持党は、3月総選挙後に選出される次期首相にワチラロンコン国王の姉のウボンラット王女を擁立する。国民が重視する王室から首相候補を出す。
  • 2019年2月7日、インド準備銀行が1年半ぶりに利下げ政策金利を6.25%から0.25%引き下げ。インフレ懸念後退と景気停滞観測が理由。金融政策姿勢を引き締めから中立に変更し、将来の利下げも示唆した。
  • 2019年2月6日、インドネシア18年実質GDPの伸び率は前年比5.17%。公務員賞与の増額など財政支出が個人消費を支え加速。一方、外国からの投資は落ち込んだ。
  • 2019年2月4日、1月ASEAN製造業PMIが49.7と前月比0.6ポイント悪化。景気判断の目となる50を3カ月ぶりに下回った。米中貿易戦争の影響で生産が鈍化。
  • 2019年2月1日、インドのモディ政権が19年度予算案公表に合わせて所得税控除枠の倍増計画(所得控除枠の上限を年25万ルピーから50万ルピーへ)を発表。また、2軒目の住宅購入の税金を免除し、1.2億世帯の低所得農家に年6000ルピーの所得補助も公約とした。4-5月の総選挙で続投となれば実施する予定。支持率を意識していると見られている。



 

米国

 

FRB

 

日本

 

日銀(日本銀行)

 

欧州

 

ECB

 

英国

 

ドイツ

 

イタリア

 

フランス

 

中国

 

アジア

 

中東

 

南アメリカ

 

世界