ニュース(世界・2020年)

2020年

  • 2020年4月8日、WTOは、20年の世界のモノの貿易量が前年比最大32%減るとの予測を発表。世界金融危機後の09年の13%減を上回る可能性が高いと分析している。WTOは2つのシナリオ予測を示しており、貿易の急減が長期にわたって続き、その後も回復が遅れる場合を32%減、貿易は急減するものの20年後半から回復する場合は13%減になると予測している。
  • 2020年4月2日、国連の経済社会局は、20年世界GDP成長率が、最悪の場合は-0.9%(前年比)になるとの予想を示した。従来は2.5%と予想していた。新型コロナウイルスによる欧米の経済活動が7月から9月以降も制限されれば、さらに下振れする可能性があるともした。
  • 2020年3月26日、G20首脳会議で、パンデミックの経済的な打撃に対処するために5兆ドル超を投入するとの声明をまとめた。国際貿易の混乱に対応し、グローバルな協力関係を強化することを申し合わせた。
  • 2020年3月23日、G20財務相・中央銀行総裁は緊急テレビ会議を開き、新型コロナウイルスのワクチン開発に向けて、各国の資金を集中させることで合意。具体的な方法は今後詰めるとした。
  • 2020年3月18日、国際労働機関は、新型コロナウイルスの影響で世界で失業者が最大2500万人増えるとの報告書をまとめた。リーマンショック時の約2200万人を上回る可能性がある。
  • 2020年3月16日、G7首脳は緊急テレビ会議を開き「雇用と産業を支えるため、金融・財政政策を含むあらゆる手段を動員する」とした共同声明を発表。追加景気浮揚策を策定する。新型コロナから各国民を守るため「国境管理など必要な衛生策でも連携する」とした。当面重視する国際協調策として「各国民を守る公共衛生政策での連携」「雇用の維持と経済成長の回復」「国際貿易・投資の支援」「科学、研究、技術面でも連携促進」の4分野で合意。協調策を詰めるため、保健相と財務相が週一回定期協議することでも一致した。今回の首脳声明は各国の移動制限を強める可能性がある。中銀トップには協調して必要な金融手段を打つように求め、各国財務相が効果的な経済政策を実行するため、週に一度調整することも決めた。
  • 2020年3月16日、G7首脳は緊急のテレビ会議を開き「必要かつ十分な経済財政政策」に取り組むことで一致。各国の保健相と財務相がそれぞれ定期的に協議することでも一致した。治療薬の開発と経済財政政策の実行を声明にまとめて発表するとしている。
  • 2020年3月16日、FRBECB日本銀行BOE・カナダ銀行・スイス国民銀行の6中央銀行は、米ドル・スワップ資金供給の枠組みを拡充すると発表。米ドル・スワップの適用金利を0.25%に引き下げ、新しい金利を米ドル・オーバーナイト・インデックス・スワップ・レートに0.25%上乗せしたものとする。定期的に米ドル資金供給を実施している中央銀行は、現行の1週間物に加えて、3か月物の米ドル資金供給を開始することも決定した。
  • 2020年3月13日、G7は16日にテレビ会議で臨時首脳会議を開くとマクロン大統領が明らかにした。「ワクチンおよび治療に関する研究努力で協調し、経済・金融面の対応に取り組む」としている。
  • 2020年3月11日、WTOは新型コロナウイルスの流行がパンデミックになったと表明。今後、感染者と死者は増えるとの見通しを示した。
  • 2020年3月9日、テドロスWHO事務局長は、新型コロナウイルスについて、パンデミック(世界的大流行)の脅威が非常に現実味を帯びてきたと述べた。
  • 2020年3月3日、G7財務相・中央銀行総裁は電話会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大による景気下振れリスクに対応するため「あらゆる適切な政策手段を用いる」とする共同声明を発表。
  • 2020年3月2日、G7財務相・中央銀行総裁は、3日にも緊急電話会談を開き新型コロナウイルスの対応策を協議する。あらゆる手段でリスクに対処すると打ち出す見通し。
  • 2020年2月28日、WHOは、新型コロナウイルスの感染の世界全体の危険度を「高い」から、最高レベルの「非常に高い」に引き上げた。感染者の増加に歯止めがかからず各国にさらなる対策を呼びかけた。一方、多くの国では小規模でウイルスの封じ込めは可能とも指摘した。
  • 2020年2月27日、IMF報道官は、今年の世界のGDP成長率見通しを4月にも下方修正するとの見方を示した。IMFはすでに22日に世界のGDP成長率見通しを従来の3.3%から3.2%に引き下げていた。
  • 2020年2月26日、格付け大手ムーディーズは、20年の世界自動車販売は前年比2.5%減少するとの見通しを発表した(従来予想は0.9%減少だった)。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が減少し、サプライチェーンにも影響が出て販売を下押しするとした。
  • 2020年2月24日、テドロスWHO事務局長は、韓国とイタリア、イランで新型コロナウイルスの感染が急増していることに「深く懸念している」と述べた。一方、現状ではパンデミック(世界的大流行)に至っていないと強調した。ただし、各国がそれに備えておくことは重要との認識を示した。
  • 2020年2月23日、G20財務相・中央銀行総裁会議で共同声明を採択。新型コロナウイルスのリスクに対処するためのさらなる行動をとる用意があるとした。各国が財政出動などすべての利用可能な政策手段を実行し、景気を下支えすることで一致した。
  • 2020年2月23日、G20財務相・中央銀行総裁会議で経済のデジタル化に対応した国際的な法人課税ルールづくりの原案を承認。共同声明で20年末までの最終合意に向けて取り組む方針を明記した。ただ、大統領選を控えて慎重な米国と、積極的な欧州の溝が浮き彫りになった。
  • 2020年2月21日、ゲオルギエバIMF専務理事は、新型コロナウイルスの影響拡大による世界経済の減速リスクに対し各国に金融緩和財政出動で景気下支えするよう促した。中国経済に及ぼす影響は現時点で最も可能性が高いシナリオはV字回復だとし、他国の経済に与える影響はあまり大きくならないとの見方を示した。ただどれほど早く封じ込められるかまだ分からないため、大きな影響を及ぼす他のシナリオも認識していると警戒感も表した。
  • 2020年2月17日、タイのソムキット副首相はTPP加盟の意向について、国内で4月ごろにも正式決定できるように調整を進めているとした。
  • 2020年2月11日、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスによる肺炎の名称を「COVID-19」に決めたと発表。風評被害を考え、地名は含まなかった。英単語の「コロナウイルス」と「病気」の短縮形に、感染が発生した年の「2019年」を組み合わせた。また、ワクチンについて18カ月以内に準備ができるとの見通しも示した。
  • 2020年2月7日、英調査会社キャピタル・エコノミクスが、新型肺炎の影響で世界経済が1-3月期に前期比マイナス成長になる予測を発表。中国は前年同期比約3%で急減速すると予測している。
  • 2020年1月30日、WHO(世界保健機関)は、新型コロナウイルスについて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言。「中国への旅行規制などは勧めない」との見解も示した。
  • 2020年1月23日、WTOが新型肺炎について緊急事態宣言を見送り。
  • 2020年1月20日、BISは気候変動と金融安定に関する報告書を公表。気候変動は次の金融システム危機を引き起こしうると断言した。温暖化が原因の自然災害で経済損失が生じる「物理的リスク」と、低炭素社会に転換する過程で関連資産や企業が影響を受ける「移行リスク」が懸念されており、報告書はこれらが複雑に絡み合って壊滅的で不可逆な衝撃をもたらすかもしれないとの見方を示した。
  • 2020年1月20日、IMFはWEOで20年世界成長率を3.3%と19年10月時点から0.1ポイント下方修正。米中の貿易戦争やイラン情勢など地政学リスクが残っており下振れ懸念が顕著だとした。日本の20年の成長率は0.7%と0.2ポイント上方修正。21年は0.5%と予測。米国の20年成長率は2.0%、21年は1.7%、中国の20年成長率は6.0%、21年は5.8%と予測した。
  • 2020年1月14日、日米欧貿易担当相は会合でWTOルールで禁止する産業補助金対象拡大の改革案推進で一致。中国を念頭に過剰生産となっている産業に支給する補助金など禁止対象を拡大する。中国の補助金で鉄鋼の供給過多が問題になっていた。
  • 2020年1月8日、世界銀行は世界経済見通しを改訂し、20年の世界成長率を2.5%と予測し、19年6月時点から0.2ポイント下方修正した。米国と中国の成長率がともに減速し、世界全体の貿易量も大きく落ち込むと予測している。日本の20年成長率は0.7%、米国は1.8%、中国は5.9%とした。
  • 2020年1月6日、グテレス国連事務総長は、中東情勢の緊迫について世界は今世紀最大の危機にあるとした。関係国に対立をやめ、最大限の自制をし、対話を再開しなければならないと述べた。
  • 2020年1月5日、19年世界新車販売台数が前年比4%減で2年連続マイナス。2年連続マイナスはリーマンショック時以来。中国やインドが景気減速で落ち込み日米欧も振るわなかった。



 

米国

 

FRB

 

日本

 

日銀(日本銀行)

 

欧州

 

ECB

 

英国

 

ドイツ

 

イタリア

 

フランス

 

中国

 

アジア

 

中東

 

南アメリカ

 

世界