ニュース(南アメリカ・2021年)

2021年

  • 2021年3月3日、ブラジル20年GDPは前年比4.1%減。新型コロナの影響で16年以来のマイナス成長。農業をのぞくすべてのセクターでマイナスだった。
  • 2021年1月20日、ブラジル中央銀行は政策金利である基準金利を年2.00%で据え置き。ブラジルの経済活動については「1-3月期の経済成長率の不透明感が通常時よりも強い」との認識を示した。国際商品相場の上昇で食品価格と燃料費が上がるとみられ、今後数カ月のインフレ見通しは上昇すると予想している。