ニュース(ドイツ・2020年)

2020年

  • 2020年4月2日、ドイツ政府は、3月に新型コロナウイルス拡大を防ぐため入国禁止措置を導入していたが、農業に従事する季節労働者の入国禁止を一部解除すると発表。
  • 2020年3月23日、メルケル政権は1560億ユーロの国債を発行して零細企業や個人事業主への支援などを進める。経済安定ファンドを通じて最大6000億ユーロの企業の債務保証、出資なども実施する。ドイツが新規に国債を発行するのは7年ぶり。
  • 2020年3月22日、メルケル首相が自宅で一時的に隔離される。20日に肺炎球菌の予防接種のために受診した医師が新型コロナウイルスに感染していたためで、首相自身が感染しているかどうかは分かっていない。職務は自宅から果たしていくという。
  • 2020年3月21日、メルケル政権は1500億ユーロ規模の追加予算を計上する方針を固めた。23日に企業の資金繰り支援を軸にした新型コロナ対策を決定する見通し。財政黒字を維持して新規の国債発行をゼロにする健全財政路線の継続は断念する。
  • 2020年3月15日、ドイツ政府は、フランス、スイス、オーストリア、ルクセンブルク、デンマークの5カ国との間で国境検問を実施すると発表。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ。物流や国境を越えて通勤する市民の移動は認めるもよう。
  • 2020年3月13日、ドイツ政府は、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けた企業などの資金繰りを支援するため、上限を設けない無制限の信用供与を実施すると発表。どれだけの金額に膨らむかは不透明だが、信用不安の連鎖を防ぐための措置。必要があれば別途、景気対策も検討するもよう。
  • 2020年3月12日、キリスト教民主同盟は、新型コロナウイルス感染拡大のため、4月25日に予定していた臨時党大会を延期すると発表。感染が収まれば開催する方針。
  • 2020年3月11日、メルケル首相は、新型コロナウイルスの感染拡大について、このまま治療法が見つからなければ、ドイツ全人口の60~70%が感染する恐れがあるとし、医療システムに過大な負担をかけないためにも、感染拡大を遅らせる必要があると述べた。ドイツ政府は企業の資金繰り対策などに着手しており、新規の国債発行をゼロにして財政黒字を維持することには必ずしもこだわらない考えも示唆した。
  • 2020年2月27日、ドイツ自動車工業会は、新型コロナウイルスの影響で、中国の自動車市場が7%減少するシナリオを想定しているとの声明を発表。従来は2%減少としていた。
  • 2020年2月24日、キリスト教民主同盟(CDU)は、新党首を決める臨時党大会を4月25日に開くことを決定。新党首の候補には、週内に立候補するよう求めた。レトゲン元環境相、ラシェット副党首、メルツ元院内総務、シュパーン保健相が有力とみられている。
  • 2020年2月18日、ドイツ2月ZEW景況感指数は8.7と前月比18.0低下。市場予想を大きく下回る急低下。ZEWは、輸出への依存度が大きいセクターが新型コロナウイルスの影響で期待感が急低下したと分析している。
  • 2020年2月14日、ドイツ19年10-12月期の実質GDPがゼロ成長。19年通年では0.6%の伸びで6年ぶり低水準。製造業が不振。家計や政府の支出が減速し、輸出も低下した。
  • 2020年2月10日、キリスト教民主同盟(CDU)の党首クランプカレンバウアー氏がメルケル首相後継となる次期首相候補を断念。党首も退任すると表明。21年秋の連邦議会選挙の顔となる次期首相候補を決めてから党首を退くもよう。
  • 2020年2月6日、ドイツ銀行の株式の3.1%を米投資会社キャピタル・グループが取得。同社株は約13%上昇。
  • 2020年1月30日、ドイツ銀行は19年決算で53億ユーロの最終赤字になったと発表。2年ぶり赤字転落。リストラなどに必要な費用が膨らんだ。ゼービングCEOは19年後半は収益が安定しているとして本業自体は順調に回復していることを強調。CET1は13.6%で問題ないとした。今後はリストラを進めながら、収益力をいかに高めていくかが課題。
  • 2020年1月16日、メルケル首相は、遅くとも38年までに脱石炭火力を実現する計画について、石炭を産出する4州政府と合意に達したと発表。4州に構造転換を後押しするための投資などで計400億ユーロを拠出することが柱でエネルギー会社にも計43億5000万ユーロを補償する方針。
  • 2020年1月6日、独19年新車販売台数は前年比5%増の360万7258台だった。2年ぶりで前年実績を上回り、堅調な消費を反映した。
  • 2020年1月2日、ドイツ19年の発電量に占める再生可能エネルギーの比率が46.0%と、化石燃料約40%を逆転。脱炭素を裏付けた。



 

米国

 

FRB

 

日本

 

日銀(日本銀行)

 

欧州

 

ECB

 

英国

 

ドイツ

 

イタリア

 

フランス

 

中国

 

アジア

 

中東

 

南アメリカ

 

世界