ニュース(中国・2020年)

2020年

  • 2020年1月17日、中国の19年出生数は前年比58万人減の1465万人。3年連続減少。二人っ子政策の効果が薄れ、少子高齢化が加速している。
  • 2020年1月17日、中国19年実質GDPは前年比6.1%増。18年から0.5ポイント縮小で2年連続減速。米国との貿易戦争で製造業が振るわなかった。目標の6-6.5%には収まった。
  • 2020年1月15日、上海市長は20年域内GDP成長目標を6%前後にする方針を表明。19年目標は6-6.5%だったため目標引き下げとなる。所得や消費などの減速傾向を反映した。
  • 2020年1月9日、中国19年消費者物価指数は前年比2.9%上昇。上昇幅は8年ぶりの大きさで、豚コレラで豚肉が高騰した影響がでている。景気減速している中で物価上昇が起きている。豚肉価格が安定に向かうかどうかは不透明。豚コレラの勢いは収まっていない。
  • 2020年1月9日、中国湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎について中国政府の調査団が新型のコロナウイルスを検出したとCCTVが報じた。特効薬やワクチンの開発に数年間かかる可能性があるとしている。
  • 2020年1月9日、中国商務省の高峰報道官は、米中貿易協議の第1段階の合意文書について15日に署名すると発表。中国側が具体的な日程を示した。劉鶴副首相が13-15日に訪米し、署名式に参加するとしている。
  • 2020年1月7日、中国12月末の外貨準備は3.1兆ドルと、18年末から352億ドル増で2年ぶりに前年を上回った。米国債など債券価格上昇と、中国の銀行などが外貨建て債務を増やしたことが要因と見られる。
  • 2020年1月1日、中国人民銀行が預金準備率を0.5%引き下げると発表(12.5%になる)。6日から実施する。民間企業や中小零細企業の資金繰り対策のほか、春節を前に資金需要が高まるのに対応する狙いもあると見られている。



 

米国

 

FRB

 

日本

 

日銀(日本銀行)

 

欧州

 

ECB

 

英国

 

ドイツ

 

イタリア

 

フランス

 

中国

 

アジア

 

中東

 

南アメリカ

 

世界