ネットポジション-12万枚

筆者
おはようございます。

今日のcharTrade更新情報

押し目買い・戻り売りが失敗した場合の損切りポイント

さて、相場です。

本日の注目イベント&経済指標

注目のデータ

→「株式マーケットデータ」より

img_k039注目ポイント

概況

昨日の朝の話でちょっと古いですが、先週分のIMM投機筋ポジションが公表されましたので、まだ見られてない方は見ておいてください。ショートがまた積まれてました。ネットポジションも-12万枚で今年の高水準というかピークをちょっと超えてます。普通に考えたら積み過ぎなので下見る所だと思いますが、上見てるから円売り積まれてるわけで、今年のドル円のレンジの108円から114-115円を抜けるか収まるかって感じだと思います。ドル円は日足のボリンジャーバンドが収束してきていて、次にエクスパンションした方向についていきゃよさそうに見えます。行って来いになるかはわかりませんけど。週足だとボリンジャーバンドの1σから2σの間でごにょごにょしててまだレンジ内ですけど、移動平均線がたいがい上向きになってて上に抜けるなら強くなりそうかな?って見えます。今日は米国消費者物価指数(CPI)米小売売上高がビッグ指標ですので大注目だと思いますが、余程の数字でなければレンジ内の推移かなぁと思ってます。まぁでも変に予想してるわけではなくて、金利動向次第だと思ってるので、米国債利回りの推移に注目だと思ってます。

さて、NYダウですが、昨日は一旦大きめに下落しつつも反発、でも5日線は超えないって最近よくありがちなパターンになってました。おそらくですけど、ボリンジャーバンドが微妙に収束してきてますので、一旦±1σか±2σで揉み合い作るように思ってます。筆者はISM製造業景況指数を重要視してて、月初に公表された数字は高水準であるもののちょい下げでしたので、それに沿うような展開にはなってるなぁって見てます。9月の60.8がピークだったら株も上はちょっとないかなぁとかも思ってます。税制改革の行方でどうなるかはわからんですけど。ISM製造業景況指数は連動性が相当高いですから、結構使えるんですよねぇ。

あ、NYダウのポジションはヘッジかけたままほったらかしてます。5日線上回ってないし、筆者が勝手に予想してる揉み合いの後にトレンド出るまで動かないかなぁって。もしくは何かしら大きな動きが出ればそのその時に判断するぐらいで考えてます。